BETA

AWS(GateWay+Lambda)+TeamsでBOTを作るのだ!(①:Lambdaの関数を用意するのだ!)

投稿日:2019-11-13
最終更新:2019-11-14

対象読者

AWS始めたての人(←私です)
手っ取り早くTeamsのBot作りたい人

考えること

  1. Lambdaの関数を用意するのだ!←今日ここ!!
  2. TeamsでBotアカウント(OutGoingWebhook用)を作るのだ!
  3. GateWayでTeamsとつなげるのだ!

今日の用意するもの

・AWSのアカウント

ステップ1:Lambdaを起動してみよう!

  1. コンソールホームで「Lambda」と検索してみましょう!
  2. ドロップダウンリストに出てきたのがそれです。

ステップ2:Lambda関数を作ってみよう!

  1. 起動するとダッシュボードが開いていますか?開いていなかったら左側のダッシュボードをクリック!
  2. 関数の作成をクリック!

ステップ3:関数の設定をしよう!

  1. 「一から作成」にチェック
  2. 関数名は適当に決めましょう!
  3. 今回はPython3.7を使います
  4. 今回はアクセス権限は必要ありません!
    • 権限って何?
      ここで言っている権限はAWS内のサービスに接続するための権限になります。
      今回はDynamoDBやTranslateには接続せず、Lambda単体で動かすので必要ありません。(③でちょっと設定するのは秘密)

ステップ4:関数を書こう!

  1. 左上に関数名が表示されていたらデプロイ完了です!スクロールしていくと「関数コード」とあります。ここが関数を記載するところです。
  2. lambda_function.pyから呼び出されます。(多分、エントリポイント変えられるとおもいますが)元のコードを全部消して、以下のコードを記載してください。

def lambda_handler(event, context):  

    msg = 'yeah!'  

    payload = {  
        'type': 'message',  
        'text': msg  
    }  
    return payload  

3. これでLambdaの準備完了です!

続きは明日!

読んでいただいてありがとうございます!

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@zJ5Lq0dEDe4h6pOqの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!