BETA

SurfaceHubが気になる人にできることできないことをまとめてみた(前提編)

投稿日:2019-11-26
最終更新:2019-11-26

対象読者

  • SurfaceHubが気になるけど、どのような機能があるのかわからないから悩んでいる
  • そもそもSurfaceHubってなんや?

筆者のベース

  • SurfaceHub2Sの購入から設置、運用まで1人で実施しています。(現在、2台稼働)
  • AzureAD(Azure上の認証サービス)にて、O365アカウント・Azureアカウントの管理をしています。
  • (情シスではない)

シリーズ目次

  1. 前提(購入経路と価格・保証、OS、設定のために必要なライセンス)←今日ここ
  2. できること編
  3. できないこと編

参考

Microsoft公式
Microsoft公式Blog

購入経路と価格・保証

  • リセラー(販売代理店)にて購入します。
    日本の代理店はそこまで多くないが、代理店によって価格が異なるため、比較検討する必要があります。
  • 価格(付属品・保証を含む)
    • 本体価格
      リセラーによるが、約100万円。ペンとカメラは付属されているが、バッテリーはない。
    • モバイルスタンド(Steel Roam製 画面を置く台 壁掛けの場合はそちらを購入)
      実は別売りである。約20万円。近々、画面を回転できるものも出るようですが現時点(2019/11)では情報なし。
    • 本体保証
      Microsoftが提供している保証。1年の無料保証はつくが、追加で「+1年」「+2年」の延長保証を付けられます。この保証は回数制限付きの保証です。対象期間によって回数が異なるため、代理店に要相談。(後日、表にして記載します)

OS

実はただのWindows10ではない。SurfaceHub用の機能制限のかけられたOSなのです。
普通にMicroSoft製品をインストールできると思っていると、痛いめを見ます。

設定のために必要なライセンス

O365のライセンスが必要です。(Teamsしか使わないのであれば、Teamsのライセンスのみで良いと思います。)なぜなら、TeamsやPowerPointを使うただの端末というイメージではなく、TeamsやPowerPointを使うアカウントとしてSurfaceHubを登録する必要があるからです。
アカウントなので、組織としてAD管理をしていないといけません。
AD管理を実施している組織のアカウント同士で連絡が取れるようになります。

次はできることを書いていきます!!

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@zJ5Lq0dEDe4h6pOqの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!