BETA

Markdownのススメ

投稿日:2020-04-13
最終更新:2020-04-18

Markdownとは?

日本Markdownユーザー会では、Markdownの概要について下記の様に書いてあります。

Markdown(マークダウン)は、文章の書き方です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

  • 手軽に文章構造を明示できること
  • 簡単で、覚えやすいこと
  • 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
  • それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること

などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初は Daring Fireball: Markdown で公開されました。その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。

そう言われてもイメージが付かないと思いますので画像で説明すると、

  1. "Markdown"と呼ばれる文章の書き方で、文章を書く
  2. 好きな方法で変換する

こんな感じになります。
つまりMarkdownとは、1 の画像に書かれているような # で見出しを付けたり、 ** で囲って文字を強調するような書き方のルールなのです。
この書き方を統一することによって、アプリが記号を読み取って自動的に 2 の画像の様な整った見た目に整形してくれるという訳です。

Markdown のメリット

Markdownをオススメするのには以下の様な理由があります。

  • Wordなどで行うような文字の色を変えたり、フォントを変えたり、大きさを変えるなどといった修飾に時間を取られない
  • 書くことだけに集中しながら、後で変換をかけることによって美しい見た目も兼ね備えることができる
  • 広く普及している書き方なので、QiitaやGithub, はてなブログなど様々なサイトで利用することができる
  • もしCSSを習得しているのであれば、変換後の文章を自分好みの見た目にすることができる
  • Markdownで書いた文章を、HTMLやPDFで出力することができる

例えば、打ち合わせなどでメモを取って後で共有するような場面があるとします。
打ち合わせの時は意味のある文章を書くことに集中でき、共有する時は理解しやすい美しい見た目で共有することができるのです。

Markdown のデメリット

  • 画像のサイズを調整できない
  • 文字の色が変えられない
  • 文字のサイズが変えられない

強いて言えば上記くらいですね。
素のMarkdownでは上記3つの要素はカバー出来ませんが、MarkdownをWebサイトなどで利用する場合は別の手段が用意されている事が多いので困る場面の方が少ないと思います。
文字の修飾に関しては、強く伝えたい部分が伝わりやすいような文章構造にするというような癖がつくのである意味メリットと言えるかもしれません。

Markdown の書き方

どうですか?だんだん Markdown で文章を書きたくなってきましたか?
もし気になってくれていたら嬉しいです。
そんな方の背中を押す情報として、使いやすいエディターと書き方についての参考サイトを教えますね!

Markdown Editor

Typora

Markdown に特化したエディターです。
いろいろなオススメポイントはあるのですが、これからMarkdownを始める人にとって一番嬉しいと思う要素として、書いた文章からどんどん修飾された文字に変換されていくというものがあります!
「Markdown始めてみたけど書き方があっているか分からない…」という場合でも、合っていればちゃんと修飾された状態で文字が表示されるので安心してMarkdownの文章を書くことが出来ます。

Visual Studio Code

プログラマーやエンジニアの方であれば、PCに入れている方も多く居ると思うので選出しました。
Markdownの機能を使うには、ファイルを一度 .md で保存する必要があります。
Ctrl + K, V でプレビュー用の画面を開くことができます。
また、設定から改行をプレビューでも改行として扱うかの設定を行ったり、拡張機能でPDF出力を行ったりできます。
もしTyporaを導入するのにハードルがある場合はこちらを利用してみてください。

Markdown 記法 参考サイト

超基本的な書き方については、日本語Markdownユーザー会が書き方について Markdown記法 というページを公開しています。
この中ではコードブロックや表の書き方について触れられていませんので、基本を把握したらQiitaに掲載されているMarkdown記法 チートシートなどを参考にすると良いかと思います。
Markdownを利用したいソフトウェアやWebサイトによっては書き方が異なったり、そこならではの機能を提供していたりするので、一度利用するものを決めたら公式のMarkdown記法についてのページを閲覧してみると良いでしょう。
まぁ、書き方が使う場所によって違うなんてことはそうそうないですのでご心配なく。

まとめ

Markdownの魅力については、きっと書いてみないと伝わりづらいかと思います。
ですが、Markdownに少し慣れてきたあたりで、今までやっていたようなボタンを一つ一つ押して文字を修飾する作業が非常に煩わしく感じていることでしょう。

もし、身の回りにMarkdownをサポートしているアプリがあれば、是非試してみてください!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

気になった技術や、開発を楽にするテクニックなどについて書きます。 基本的に備忘録として記事を投稿します。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう