AWS Summit Tokyo2019 Day3に参加しました!

公開日:2019-06-15
最終更新:2019-07-07

参加の経緯

業務ではAWSを触れる機会もありませんでしたが、個人的に興味を持っていたので
AWS SAA(ソリューションアーキテクトアソシエイト)の資格を2019/4に取得しました。
AWS Summitは資格の勉強中に知って、是非行ってみたいという思いをモチベーションに変えて勉強していました。
参加したのは6/14のDay3のみになります。

会場の概要 /セッション概要

  • 今年は幕張メッセ展示HALL 1~3と、国際会議場の一部がAWS Summitの会場
  • HALL1~3にはセッション用のエリア(A~J)と企業展示ブース、国際会議場にはセッション用(K~M)
  • セッションエリアA~Dはサイレントセッションとなっており、大人数が聴講するエリア
  • サイレントセッションは座席に置いてある機器を使用して、イヤホンで聴講(入場時に配布されます)。英語のセッションの場合には日本語翻訳が流れます(すごい)
  • Deep Racerのブースが終始盛り上がってた

認定者ラウンジ

AWSの認定資格を取得している人は、認定者ラウンジに入場できます。
入場時にAWS資格のマイページの認定バッチ画像を提示します。
ラウンジでは、飲み物やお菓子がもらえますし、作業用のデスク+電源があるので
セッションの合間等はここで休んでいました。(かなり人が居ました)

そして、認定者バッチを貰いました!

聴講セッション

  • 基調講演

  • B3-01 Amazon RDS for Oracle / SQL Server移行ベストプラクティス

  • J3-02 ビジネスで成果をあげるIoT活用事例~AWSとの接続で拡がる未来のIoTの形~

  • G3-03 「AWS運用の管理性を高めたい!」そのニーズ、AWS先進ユーザでもあるソニーネットワークが答えます!

  • B3-04 Amazon RDSにおけるパフォーマンス最適化とパフォーマンス管理

  • A3-05 めざせ!サーバレスプロフェッショナル

Summitで初めて知ったAWSサービス/気になったサービス

  • AWS SAM
  • AWS SAM CLI
  • AWS LABS
  • AWS X-Ray
  • AWS Code Pipeline
  • Amazon RDS Performance Insight
  • AWS IoT Core

参加した感想

AWS Summitは初めての参加でしたが、とても刺激がありました。
特に印象的だった内容を記載します。

  • データベース(RDS)関連
    オンプレからRDSへの移行プラクティスでは、Oracle/SQL Serverそれぞれで具体的なデモを交えてデータの移行方法をレクチャーしてました。
    Oracleの場合にはマテリアライズドビュー、SQL Serverの場合にはレプリケーションの機能を使用して本番環境からRDSにデータをリアルタイムで移行していき
    ワークロードを停止→最後の更新分を反映することでデータ移行に伴うダウンタイムを極力短くする方法でした。
    また、Amazon RDS Performance Insightを使用してOS側・DB側のメトリクスを取得し、DB側のCPU要求やCPU閾値をもとにスケールアップの判断を紹介していました。

  • サーバレス関連
    Summit資料ではないですが、こちらに載っているようなサーバレスのアーキテクチャーパターンの紹介がありました。
    サーバーレスの技術は何となく分かっていても、どういうアーキテクチャにするのが良いかイメージがついてなかったので参考になります。
    是非資料ダウンロードして見ていただきたいです。
    また、AWS SAMを利用してサーバレスアプリをローカルで開発する手法を紹介していました。AWS SAMのサンプルはGithubのAWS Labs( Amazon Web Services - Labs )で紹介されているのでチェックしたいです。

最後になりますが来場者もたくさんいてAWSに携わる人の多さに驚きました。
AWSについて何も知らない状態から勉強して、Summitに参加できたことが何より嬉しかったです。

いつかソリューションアーキテクト-プロフェッショルにも挑戦したいと思います。(その前に業務で使える環境を・・・)
次回のSummitも楽しみです。

Summit関連資料

後ほどAWS Summitの公式から資料公開されるそうです
追記>>
2019/7/2にAWS Summitの資料が公開されました。
下記ページからユーザ登録を行えば「セッション資料・動画」がダウンロードできるみたいです。
AWS Summit Tokyo 2019


その他資料
【資料公開】AWS Summit Tokyo 2019:Day3に登場したスタートアップ各社の最新情報まとめ

クラスメソッド社のレポート

Summit以外の資料だけど参考になるもの

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
30
+1
@yayaの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする