BETA

FreeNASのNFSをkubernetesストレージとして使う設定

投稿日:2019-12-25
最終更新:2019-12-25

ただのメモ

FreeNASのNFSをkubernetesストレージとして使うときに、デフォルト設定だと動きません。(動かない可能性があります)
何をどうすれば良いかメモします。
使用しているFreeNASは 11.2 です

設定

設定は二箇所あります。

設定1 poolの権限設定

左側メニューの Storage→Pools を選択し、一覧の右端の ・・・ をクリックして、 edit permission を選択します。

ポイントは、 Mode を全部チェックすることです。ようするにパーミッション 777 です。

設定2 NFSの設定

左側メニューの Sharing-> Unix(NFS) Shares を選択し、一覧から、該当するNFS共有の右端の ・・・ を選択して、
Edit を選択します。その後、ADVANCED MODE ボタンをクリックします。

Maproot User 欄が空欄になっていると思いますが、ここに root と入力します。

ここが空欄の場合、自動的にNFS経由でのrootでアクセスがnobodyに置き換えられてしまい、権限がほぼない。という状態に
なってしまい、kubernetesのPod内のファイルのchown等が失敗してしまいます。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

Webアプリケーション書いてます。インフラもやります。 私の投稿内の設定、コマンド、プログラム、スクリプト等は、商用、非商用を問わずご自由にお使い下さい。当方の著作権表示・許可等は一切不要です。 ただし、内容についていかなる保証もありません。(誤り指摘歓迎します)

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう