BETA

最近の近況と #InstanceTicker の今後とか。。。

投稿日:2020-02-04
最終更新:2020-02-04

(;ー;)

 おひさしぶりです。
 weep です。。。

近況

 近況と言うか余談です。。
 チータ(おいらはスペルに自信がないので以後カタカナにします)では、おいらの本職はITとは関係のないドカ・・・もとい特殊な仕事をしているので、ITにはめっちゃ疎く「俺は雰囲気でコードを書いてるんだ派」という、一部の人からは悪しき存在なのかも知れないので、チータというおそれ多いところで記事を書く勇気はありません。
 昨今では、何かを書いて炎上するたびに(技術的な内容ではない or 業務妨害である... という理由で)削除されるんではないかと、ちょっとした「チキンレース会場」と化してて、傍から見ててあそこでは自由に書けないなと判断し退会したんですね。

 クランチ(これもカタカナで書きましょう)なら「俺は雰囲気で~派」でもやさしく包み込んでくれるだろうと、この記事をビクビクしながら書いてる感じです。。。
 クランチの素晴らしさを語るために、チータを下げたいわけではないのですが、サイトを選ぶのはユーザーですから、一個人の勝手な意見であることにご理解頂きたい。

#InstanceTicker とは

 おいらのクランチ記事では、#InstanceTicker のことしか書いてないので、以後もこれしか書きようがないですが、まぁ興味のある人は読んでくれればありがたいのです。
 いかんせん「マストドン」用の「カスタムCSS」なので、「マストドン」知らん or 使わない人にはオススメしない記事でございます。

 役割としては、どこのサーバーの投稿かをぱっと見できるためのカスタムCSSであり、その実現のための各種データの総称だったりしているんですね。
 本体は PHP で、 TSV を読み込んで「カスタムCSS」を配信しています。

 「#InstanceTicker ってなあに?」に誕生秘話が書かれています。


 #InstanceTicker の 看板娘に「みよんみよん」と名付けて、そいつを組織名にしてひそひそとやってる昨今でございます。。

#InstanceTicker の今後について

 現在、#InstanceTicker では、各種SNSサーバーの情報をまとめたリストを TSV を読み込んで管理していて、これをそのまま API として「Subway Tooter」や「TheDesk」のアプリ作者さんに提供してるので、それらのアプリでも #InstanceTicker が使えるらしく、ありがたいです。

(画像は「#InstanceTicker ってなあに?」より)
 ですが、この TSV を提供するにあたり、「JSON ではないのか?」という意見もあったりしたが、おいらが扱えなくて用意することができなったため、TSV で通しました。

 で、今回 JSON 化実現までいきました(冬季休暇で暇だったからできたこと)。
 しかし、おいらは JSON はよく分からないので、どういう構成にしようか考えて作りました。
 普通ならば、どこかのサービスの API とかの既存する JSON を使ってアレコレするのようなもんですが、おいらの場合は「ないものを1から作る」というハードルの高さ。

InstanceTicker_json

{  
"InstanceTicker":[{  
   "description":"InstancesTicker of JSON",  
   "copyright":"(c)2018-2020 MiyonMiyon.",  
   "licence":"Released under the MIT License.",  
   "author":"https://github.com/MiyonMiyon/",  
   "committer":"https://github.com/weepjp/",  
   "version":"202002021403",  
   "type":["Type-0","Type-1","Type-2"],  
   "imgp":["https://res.cloudinary.com/miy/i/","https://res.cloudinary.com/miy/","https://res.cloudinary.com/miy/t_t/"],  
   "imgh":["16","16","20"],  
   "imge":[".png",".png",".png"]  
}],  
"Instances": [{"id":"1","fsns":"0","domain":"social.senooken.jp","text":"senooken.jp","imgw":"16","color":"#fff","shadow":"","background":"#c77"},{"id":"4","fsns":"0","domain":"nu.federati.net","text":"nu.federati.net","imgw":"16","color":"#fff","shadow":"","background":"#c77"}, ... }]  
}  

(この構成は筆記当時のもので変更されることがあります。リポジトリはこちら。)

 今のところはこういう構成で、大きく分けて。
 "InstanceTicker":[{ ... }] では、すべての設定。
 "Instances":[{ ... }] では、個別の設定。

 こんなんでいいんだろうか。
 わからん。。。。

 このあとは、この JSON を読み込んでできるような後継の #InstanceTicker サイトを作ります。
 従来のサイトを JSON に切り替えたり追加したりすると、おいらが混乱するので別サイトとして1から設計していく感じです。。。

なやみごと

 おいらは GitHub を使いこなせないまま使ってる感じです。
 「Issues」も「Pull Request」もまったく分からないままのやべーやつです。
 そんな感じなので、大したことはできないですが、できることからやっていく感じです。

さいごに


 というわけで以上です。。。
 weep がお送りしました。。。

 p.s. クランチは記事編集画面放置しとくと投稿ボタン消えちゃうんだね。。。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

ネスレのチョコクランチがすき。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう