A-Frameでいろいろ降らせる

公開日:2019-04-04
最終更新:2019-04-04

降らせるって何を?

星とか雪とかチリとか・・・。

結論

これを使う。

概要

webVR用のフレームワークA-Frameには様々なサードパーティーのコンポーネントが存在する。その中で、「いろいろ降らせる」コンポーネントを実装する。これを実装することで「雪の降る町」や「チリの舞う荒野」なんかの表現ができる。

設定値

preset

presetの値でいろいろ降らせることができる。

  • stars(デフォルト)
    星が降ってくる。rainとほぼ同じくらいの落下速度だが、粒度がrainより粗い。そして、星形をしている。他と異なり、後方で噴水のように噴き出している。
  • dust
    チリっぽい何か。この設定値が一番ゆっくり降ってくる。というか、舞う。粒度は以下の2つと同様で、細かい。チリっていうよりも「ホコリ」っていった方が正確かもしれない。
  • snow
    その名の通り、雪。rainより遅く降ってくる。粒度はdustと同様。これはしっかり上から「降ってくる」。
  • rain
    その名の通り、雨。snowよりは早く降ってくる。粒度はdustと同様。これもしっかり上から「降ってくる」。

texture

<a-entity position="0 2.25 -15" particle-system="preset: dust; texture: ./images/star2.png; color: #0000FF,#00FF00,#FF0000"></a-entity>  

画像指定することでテクスチャを貼ることができる。ただ、あんまり粒子が小さい(デフォルトで1)だといまいち判別がつかないような・・・。

maxAge

粒子の最大経過時間(秒)。これを増やすと、粒子が長時間画面に留まる=画面上の粒子の数が増える。

size

粒子の大きさ。デフォルトは1なのだが、これだと星なのか雪なのかわからないくらい(落下スピードが異なるので、そこで区別はつくが)なので、変更するとはっきり区別できるようになる。

color

粒子の色。何色か指定できるが3色くらいが見た目的に限度ではなかろうか。あんまりカラフルだと目が疲れる・・・。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
@webmaster909の技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする