Python 3.5 の 関数の Type Hinting

公開日:2018-10-15
最終更新:2018-10-24

投稿テストも兼ねて。

stringやintなど普通のType Hinting

intはint、stringはstrで以下のように書きます。

def to_string(value: int) -> str:
    return str(value)

配列

[] でくくります。

def array_to_string(values: [int]) -> [str]:
    // 配列の各要素をstringに変換して
        return results

Optional(値なNoneを返す)

typing というモジュールが標準ライブラリに入っているので、これを使います。

from typing import Optional

def get_value_if_exists() -> Optional[int]:
    value = get_value() // なんかDBから値を引いてくる関数とか
        if value:
          return value
    return None

クラスメソッドが自分自身のインスタンスを返す場合

文字列で型を書くのが一番手っ取り早そう。他にも方法あるっぽいので、なんかもうちょっといい方法があるはず。

class TweetModel:

    @classmethod
    def get_latest_tweet(self, user_id: int) -> 'TweetModel':
            tweet = self.objects.filter('user_id に対応する tweetを取得')
                return tweet
記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
18
+1
@utakata'の技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする