BETA

yum local repository立ち上げ

投稿日:2020-09-13
最終更新:2020-09-13

例として、nginxのrepositoryをlocal reposとして立ち上げる手順を記載。

# package install  
yum install -y yum-utils httpd createrepo  



# httpd 起動  
systemctl start httpd; systemctl enable httpd  



# firewall穴開け  
firewall-cmd --add-port=80/tcp  


# localに保存したいrepositoryを参照先repositoryとして追加  
yum install -y http://nginx.org/packages/centos/7/noarch/RPMS/nginx-release-centos-7-0.el7.ngx.noarch.rpm  


# 好みの問題で、rpmsファイルは /srv配下に配置する。  
mkdir /srv/yum-repository  
cd /srv/yum-repository  
reposync -n -r nginx  
createrepo --database /srv/yum-repository/nginx  


# /var/www/html配下にシンボリックリンクを作成  
cd /var/www/html  
ln -s /srv/yum-repository/ yum-repository  

動作確認

echo [test]                                         >> /etc/yum.repos.d/test.repo  
echo name=test                                      >> /etc/yum.repos.d/test.repo  
echo baseurl=http://localhost/yum-repository/nginx  >> /etc/yum.repos.d/test.repo  
echo gpgcheck=0                                     >> /etc/yum.repos.d/test.repo  
echo enabled=1                                      >> /etc/yum.repos.d/test.repo  




yum --disablerepo=* --enablerepo=test --showduplicates list nginx  

# 読み込んだプラグイン:fastestmirror  
# Loading mirror speeds from cached hostfile  
# 利用可能なパッケージ  
# nginx.x86_64                 1:1.18.0-1.el7.ngx                 test  
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@utahubの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう