【レポート】東京IT交流会

公開日:2018-11-21
最終更新:2018-11-21
※この記事は外部サイト(https://note.mu/irad_note/n/n0917396b0ee2)からのクロス投稿です

2018/03/28(水)に渋谷で行われたITに特化した交流会(通称:IT交流会)に参加してきました。

最近ITに関するニュースが増えてきました。特にAI、ブロックチェーン、自動運転に関しての記事をよくみかけます。エンジニアとして、最新情報をキャッチして事業や業務に活かせるようになることは非常に大切です。そのため、私は定期的にエンジニアが集まる交流会に参加しています。

交流会といっても、様々な種類があります。

  • トレンドの技術の勉強会
  • GoogleやMicrosoftの定期技術発表

このような勉強会+交流会形式で有意義なものもあれば、逆に時間の無駄になってしまうイベントも存在します。 本記事は先日参加した交流会の内容をレポートやメリット・デメリット、そして交流会を選ぶ基準をお伝えしていきます。

本交流会の特徴

  • 東京だけではなく、台湾やシリコンバレーでも開催実績あり
  • 参加費は5000円で、時間は2時間半ほど
  • 参加人数が平均20人ほどで20代~40代と幅広い世代が参加
  • メディアに掲載された実績がある
  • プレゼンタイムがあり、情報収集ができる(30分程度)

レポート

結論から言うとエンジニアには全くオススメできない交流会で、SESで稼ぎたい人向けという感じでした。

主な参加者

  • 安値で雇えるITエンジニアを探しているSES経営者
  • 下請けが欲しい典型的なSESの営業マン
  • 上司に連れてこられた初めて参加する人たち

フリーランスやエンジニアとして活動している人は私の他にはいませんでした。参加者の層を見てもわかる通り、交流会に来ている人の目的は営業です。営業されること前提の交流会にエンジニアが2回も参加しないですよね。完全にリサーチ不足でした...。

上から目線の営業マン

致命的なのは営業してくるSESの人がエンジニアのことを表面上でしか見ていないことです。 実際に初対面にもかかわらず以下のような話を投げかけられました。

営業「初めまして、あなたの単価はいくらですか?」
自分 「(いきなり単価の話してきて微妙な人だな...)」
自分 「〇〇万くらいですね。」
営業 「その程度しか貰っていないのですか?私の会社で案件を取ってくると××万くらいの価値はありますよ。一応、大手なので」
営業 「クライアントも好きなところを選べます。まぁ、Googleの案件は無理だと思いますがね。笑」
自分 「(苦笑い)」

5分間会話をしましたが、完全に時間を浪費しました...。

普通は技術的な内容や個々にやり遂げたいことについて話をして盛り上がるはずなのに、いきなり単価の話をして挙げ句の果てにGoogleの案件は無理だと思いますがと勝手に決めつけてくるあたり非常に残念でした。

これはほんの一部の会話なので、実際にはこのような会話を2時間ひたすら色々な人から言われ続けます。笑

メリット

いつも勉強会や交流会に参加する時はとても楽しくメリットしか思いつかないですが、今回は頑張ってもメリットが少ししか思いつきませんでした。

1. 営業の断り方を学べる

エンジニアが参加すると様々な営業マンから声をかけられます。 どのように営業回避をするかを学ぶことができます。私の場合は、魅力的に感じない人に見せかけて営業マンが扱いたくない人として認識するように立ち回ったことで楽々と回避できました!

2. 名刺がたくさんもらえる

名刺収集家におすすめ!!!!

3. 初参加は30秒スピーチがあるので、人前で話す練習ができる

メリットとして挙げるのは微妙ですが、ここで30秒スピーチするよりかはLT登壇した方が確実に練習になります。

デメリット

1. 値段と価値が釣り合っていない

参加してるだけで時間の無駄であり、家で勉強していた方が有意義です。 間違えて参加してしまった場合は、時間を無駄にしないために5000円を犠牲にする方向も考えてください。

2. フリーランスは必ず営業される

2時間だけで約10人から営業されます。SES事業は必死なんでしょうね。

3. 情報交換がなく、一方的に営業トークをされる

コミュニケーションを取れない人が多い印象です。コニュニケーションは双方が会話をすることだと思いますが、本交流会では一方的に話も持ちかけ自分にマッチしないと分かった瞬間に離れて他の人へと行ってしまいます。

4. 料理の品数が少ない

品数が少ない割りには料理があまり美味しくない。 会場の問題かと思いますが冷めたパスタ、ソーセージなどがあります。 私は温かい料理が食べたいです。笑

5. 後日渡した名刺からメールがくる

メールを受信して開く時間が勿体ないです。

まとめ

エンジニアはエンジニアらしく交流会ではなく技術の勉強会に参加するのが一番!

社会人になると、会社外の人脈を広げると良いと言いますが、ただ人脈を広げるだけでは時間の無駄になってしまうと痛感しました。

どのような人と会いたいのか、またはどのような情報が欲しいのかを事前に考えておくことで、お金や時間を浪費するようなセミナーに参加することもなくなり、質の良い人との出会いや貴重な情報を手に入れることができるようになると教訓を得ました。

より多くのエンジニアの時間が無駄になりませんように...!!


知人のラジオのネタとしても採用されました!

自分で投稿したnoteの技術系記事をブラッシュアップして移行しています。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
235
+1
@tukun'の技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする