DDDへのプロローグ①(マイクロサービス編)

公開日:2019-07-06
最終更新:2019-07-06

DDDへ挑戦することになったのだが、そのきっかけは新システム構築にあたり、ボスからシステムのビジョンが提示されたことでした。ボスはかなりアンテナを張ってIT業界のことを勉強しているようでした。

新システムのビジョン

  • サービスの基幹システムを作る
  • 似たようなサービスに横展開を行う基礎になるシステムでもある
  • 変化に強くて柔軟性の高いシステムにしたい
  • 機能単位で横展開をしたい
  • 保守・機能拡張時に影響範囲を最小限にしたい
  • 機能単位でのリプレイスをしたい(システム全部をリプレイスしなければならない状態は避けたい)
  • 必要に応じて機能単位で別チーム、別プログラム言語といったことも可能にしたい

この時点では、今流行りの「マイクロサービス」というキーワードが出ていました。

しかし、同時に以下のような思いも浮かび上がって来ました

  • 本当にマイクロサービス化する程の規模のシステムなのか?
  • マイクロサービス化するがゆえの仕組みや苦労とのトレードオフが大きすぎないか?
  • 今回、最小限でもやってみなければ、次のチャンスはもう来ないかも?
記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
1
+1
DDDやアジャイルに挑戦する記録

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする