Oracle APEX 19.1 を日本語化してみる

公開日:2019-07-15
最終更新:2019-07-15

前回の続きとして、Windows 10にインストールしたOracle XE 18c のOracle APEXを日本語化したいと思います。

なお、環境は前回と同じ以下となります。

  • Windows 10 64bit Home
  • Oracle Database Express Edition (XE) Release 18.4.0.0.0 (インストール済み)
  • Oracle APEX 19.1(アップグレード済み)

Oracle APEXの日本語化

日本語化はOracle APEXのインストールやアップグレードと比べると、とても簡単に行えます。

まずはコマンドプロンプトを立ち上げ、以下コマンドをコピペ実行しapex\builder\ja ディレクトリに移動します。

cd /d C:\apex\builder\ja  

次に、SQL*PLUSにsysユーザーでログインします。

sqlplus /nolog  
connect sys as sysdba  
[sysのパスワードを入力]  

ここでセッションをAPEXユーザーに設定します。
以下SQLをコピペし、APEXユーザーIDを特定します。

select username from all_users where username like 'APEX%';  

このSQLで表示される、APEX_[バージョン]がAPEXユーザーとなります。

この場合だと、APEX_190100が対象となるので、メモしておきます。

次に、以下SQLをコピペし、カレントセッションを変更します。

alter session set current_schema = [APEXユーザーID]  

これでセッションが変更されました。

次に、以下をコピペし、APEXを日本語します。

@load_ja.sql  

2、3分ほど待ち、以下が表示されれば完了です。

Oracle APEX管理画面にログインします。

http://localhost:8080/apex/apex_admin

以下のように表記が日本語になっていれば、日本語化完了となります。

もし英語のままの場合、English - 日本語 となっている部分の "日本語"をクリックすれば、日本語になります。

これでOracle XE 18c + Oracle APEX 19.1 での開発環境が整いましたので、次回からはOracle APEXでウェブアプリケーションを構築していきたいと思います。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
1
+1
主にOracle APEXとPythonネタです

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする