NETGEAR Orbiの導入でつまづいた5つのポイント

公開日:2019-01-03
最終更新:2019-01-03

(ようやく).11acの波が到来

明けましておめでとうございます。
ついに、我が家(実家)でも5GHz帯が使えるようになりました。
# むしろ今回の帰省の目的がこれ。

今回はNETGEAR Orbi(以下Orbi)の採用理由と導入でつまづいたポイントをメモとして残します。

TL;DR

  • 実物及び箱のサイズは事前に確認しよう
  • OSは母国語で使おう
  • アカウント情報はスクショを取っておこう

ここまでの経緯

我が家は結構な田舎にあるのですが、そのためもあってか家族のITリテラシーが低く家庭内ITインフラ屋さんをしています。
今回の帰省では、「年賀状を印刷したいのにプリンタが壊れた」という両親のヘルプをきっかけに、ネットワーク環境を一新しようと思い立ちました。

そんな中訪れたAmazonサイバーマンデー。
Orbiが安売りされていたため、3時間程度で比較・購入しました。

昨年までのネットワーク環境

私が色々サボっていたのもあり、かなり良くない状況でした。

  • 無線LANルータはb/g/n対応のものがリビングに2つ
    • なぜか同じ位置に2つある
  • パスワードなし
    • 隣のお宅には届かないことをいいことにサボっていた
    • 2台ともなし
  • 自室は対角線上にあり電波が届かない
    • これは終端装置へのLANケーブルの差込口が1か所しかないため
    • メッシュWiFi採用の最大の理由

さすがにこのご時世、来客などを考えるとパスワードなしはまずい。

Orbiにした理由

ルータ-サテライト間の通信(バックホール通信というらしいです)が1733Mbpsと高速&安定しているから。
複数人が動画を見たりゲームをしたりしても遅延しないのが重要。

つまづいたポイント

つまづいたポイントは以下の通り。
ほとんど開封前の不注意ですね。。。

  1. 箱がでかい
    実家まで自分で運ぶつもりで配送を頼んだのですが、思った以上に箱が大きくOrbiのためだけにキャリーバッグを出しました。
    国内線持ち込み可能サイズの2/3くらいの大きさはあります。

  2. モノがでかい
    箱の中にはルータとサテライトが1台ずつ、同じ大きさのものが入っているのですが、スマホの8倍(2 * 2 * 2)以上の体積があります。
    置く場所を探すのに一苦労しました。。。

  3. 設定用アプリの誘導がよくない
    同梱の紙と管理用のアプリで設定を誘導してくれるのですが、別の無線LANに繋いだ状態からスタートすると、終端装置の再起動で別回線に切り替わった後の誘導があまり親切ではないです。
    特に、NETGEARのアカウントとルータのアカウントをほぼ同タイミングで作るので、アカウント情報がごっちゃになって大変でした。。。
    このとき、パスワードが分からなくなってヘルプページを見たのですがリンクが切れているという。これはちょっと。。。

  4. 秘密の質問が英語
    これは使っている環境にもよると思うのですが、Androidの設定を英語にしていたら秘密の質問も英語で入力する羽目になりました。
    何が面倒って、回答にも全角文字が使えない(他の方の記事を見る限り、OS設定が日本語であれば全て日本語で入力できるようです)。

  5. 電源コードの本体側の形状
    ただでさえでかい本体に刺す電源用のプラグがL字じゃない。。。
    ここはぜひL字にしてほしかった。

  6. 接続するAPの切り替わりタイミングが謎
    もっと近いAPがあっても切り替わらなかったり、ふとしたタイミングで切り替わったり。。。
    一旦WiFi無効化すればうまく切り替わってくれることもあります。

使ってみて

数日使ってみて、メッシュWiFiとしてはキチンと機能しています。もちろん、この記事も自室から投稿してます。
スピードもそこそこで、調子がいいと自室から50Mbpsくらいは出るようになりました。
結局WiFiオフにしてたあの頃はもうない!やったね!

LEDがついているのですが、設定中にしか光らないのもGoodです。

ただ、接続するAPの問題は速度というより充電残量と発熱に響いてくるので、もう少しどうにかならんかなあ。。。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
18
+1
@tmyoasの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする