photon OS 3.0セットアップ

公開日:2019-07-01
最終更新:2019-07-01

自宅サーバ買い換え(作り直し)て、ESXi6.7を入れたので合わせて色々実験。

未だに使ったことないdockerをいい加減使うことと、自宅zabbixが2.4ぐらいから上げてないのでこれを4.0あたりにするのを目標に。

と言うことでdocker環境作るのに、OSはphoton OS 3.0を選択。
理由は1番vsphere環境に最適化してそうだから。

install

ここからovaダウンロード
デプロイしておわり!

setting

centos7系未だに触ってないし、systemdいまだにさっぱり

ipaddress

[email protected] [ ~ ]# vi /etc/systemd/network/10-static-eth0.network  
設定書く  
[email protected] [ ~ ]# cat /etc/systemd/network/10-static-eth0.network  
[Match]  
Name=eth0  

[Network]  
DHCP=no  
Address=192.168.1.210/24  
Gateway=192.168.1.254  
DNS=192.168.1.1  


[email protected] [ ~ ]# chmod 644 /etc/systemd/network/10-static-eth0.network  
[email protected] [ ~ ]# systemctl restart systemd-networkd  
[email protected] [ ~ ]# ip addr  
IP設定されているのを確認  

上記localhost部分までメモってなかったから実機と違うかも

hostname

[email protected] [ ~ ]# hostnamectl set-hostname photon01.corp.local  
[email protected] [ ~ ]# hostnamectl  
   Static hostname: photon01.corp.local  
         Icon name: computer-vm  
           Chassis: vm  
        Machine ID: xxxxxxxxxxxxx  
           Boot ID: xxxxxxxxxxxxx  
    Virtualization: vmware  
  Operating System: VMware Photon OS/Linux  
            Kernel: Linux 4.19.15-1.ph3-esx  
      Architecture: x86-64  
[email protected] [ ~ ]# hostname  
photon01.corp.local  

時刻同期

デフォルトで同期してるみたいだけど、参照先を自宅環境に変更

[email protected] [ ~ ]# systemctl status systemd-timesyncd.service  
[email protected] [ ~ ]# vi /etc/systemd/timesyncd.conf  
設定書く  
[email protected] [ ~ ]# cat /etc/systemd/timesyncd.conf  
#  This file is part of systemd.  
#  
#  systemd is free software; you can redistribute it and/or modify it  
#  under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by  
#  the Free Software Foundation; either version 2.1 of the License, or  
#  (at your option) any later version.  
#  
# Entries in this file show the compile time defaults.  
# You can change settings by editing this file.  
# Defaults can be restored by simply deleting this file.  
#  
# See timesyncd.conf(5) for details.  

[Time]  
NTP=192.168.10.100  
#FallbackNTP=time1.google.com time2.google.com time3.google.com time4.google.com  
#RootDistanceMaxSec=5  
#PollIntervalMinSec=32  
#PollIntervalMaxSec=2048  
[email protected] [ ~ ]# systemctl restart systemd-timesyncd.service  
[email protected] [ ~ ]# systemctl status systemd-timesyncd.service  
Active:とかStatus:、最後の数行ログをみて確認  

timezone

[email protected] [ ~ ]# timedatectl list-timezones | grep Tokyo  
Asia/Tokyo  
[email protected] [ ~ ]# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo  

仮想ディスク追加

一旦シャットダウンしてesxiのホストクライアントで100GB追加

[email protected] [ ~ ]# fdisk -l  
対象ディスク確認、ここだとsdbだった  
[email protected] [ ~ ]# fdisk /dev/sdb  
nとかwで作成  
[email protected] [ ~ ]# mkfs -t ext3 /dev/sdb1  
[email protected] [ ~ ]# mkdir /var/lib/docker  
[email protected] [ ~ ]# chmod 711 /var/lib/docker  
[email protected] [ ~ ]# vi /etc/fstab  
[email protected] [ ~ ]# cat /etc/fstab  
UUID=xxxxxxxxxxxx    /    ext4    defaults 1 1  
/dev/sdb1       /var/lib/docker ext3    defaults 0 0  
[email protected] [ ~ ]# mount -a  
[email protected] [ ~ ]# df -h  

公式サイトだとparted使ってたけど、入ってなかったのでfdisk使用。まあ100GBだし問題無い。
parted使いたい場合はtdnfコマンド(yum改良版、vmware開発?)使えば良さそう。
/var/lib/dockerが、コンテナやイメージ、volume等が置かれるデフォルトパスらしいのでここにマウント。

sudo install

sudo入ってなかったのでインスト。セットアップ一通り終わったらroot使わずにroot使うので。

[email protected] [ ~ ]# tdnf install sudo  

ユーザー追加

docker使える一般ユーザーを作成、wheelグループにも所属させてsuしたりsudoしたりも。

[email protected] [ ~ ]# useradd -m -g docker -G wheel hoge  
[email protected] [ ~ ]# passwd hoge  

sshd設定変更

デフォルトだとsshでrootログイン許可されてたので禁止に。

[email protected] [ ~ ]# vi /etc/ssh/sshd_config  
[email protected] [ ~ ]# cat /etc/ssh/sshd_config  
省略  
#PermitRootLogin yes  
PermitRootLogin no  
省略  
[email protected] [ ~ ]# systemctl restart sshd  

次からdocker設定を

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
藤枝の技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする