先日、ちょっとしたサービスをリリースした。

前置き

閉鎖的なコミュニケーション界隈の中でのみ完結するサービス内容であるからURLなどは載せないが、言ってしまえば簡単なスクレイピングツールである。
昔から長らく使っていた掲示板サービスがとうとう終了になり、そのログの書き出しを簡単に行えるように、といった趣旨のものだ。

技術としては

  • PHP
  • JavaScript(jQuery)
  • MySQL
    になる。(サーバー元に連続でアクセスするのを防ぐため、アクセス回数の制限を用いるためにDBと接続し、その利用履歴を保存している)

技術的には普段仕事で開発しているものよりも簡単で、制作時間は恐らく10時間(スクレイプしたデータをzipに変換する部分で少し手間取ってしまった)程度。大したサービスでもないと思っていた。
(むしろ使われるか自体やや不安がありつつ、友人があったら使うというのでその言葉を信じて作ってみた、といった感じだった)

リリース後

実際の利用としては約2日で450程度の利用数。
想像よりも多くの反響を得られた、といった感触である(あまりにもマイナーだと思っていたため、100行けば良い方だと思っていた)

ちなみにこのスクレイピングツール、プログラミングを介さずに同じデータを得ようと考えたら大体1掲示板に対し1〜2時間程度掛かると見ていた。
この作業が、ツールを使うと1分ほどで終わる。

そのため大体 450×1時間=450時間 分の他人の時間が生み出せたのかもしれない。
つまり、自分の開発したサービスは金を生み出さないまでも、他人の時間を生み出したわけである。
そう考えると、どんなに大したことのないサービスだったとしても少しテンションが上がった。

今まで考えはしたものの、どれだけ使われるかも分からないから…とやや億劫になって開発が滞っていた機能ではあった為、そういったことはやってみてから考えた方が早いのだなとも思う。

今後の話とぼやき

これからもその非常に狭い界隈でちょこちょこwebサービスを作っていこうかなと考えている。狭いと言ってもまだ人は生息しているし、使ってもらえるのなら作る価値はあるかな、と考えているからだ。

ところで掲示板はこれから死ぬんだろうか?と少し考えていた。
CGIが主流だった時代、個別サイトに掲示板やらチャットやらが設定されていて〜という時代を生きていたので少し寂しい思いもする。し、その辺りのサービスが終了されるとその狭い界隈は路頭に迷いそうな気もする(形態が進化して違うツールなどでまた発展していく可能性の方が大きいかもしれないが)

時代遅れの遊びをしている自覚も多分にあるのでサービス終了自体は仕方がないな〜くらいにしか考えていないのだが、それでその趣味が廃れてしまうのも嫌なので、今風でスマートなサービスが作れないかな〜ともくもく考えていきたい。

関連記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません
+1
100
@tanakashiの技術ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加