前提

  • ノンデザイナー:仕事としてデザイン制作に取り組んだことがない人(例としてここでは営業を挙げている)
  • 私:デザインは独学で学んでいるエンジニア

よく発生する事案

営業「ここのチラシ、この文字もっと大きくしてくれない?」

この声かけ、とてもよくある。今の職場で言われることもあるが、大学の部活でコンサートポスターを作る時にも講師の先生によく言われた。
こちらとしては「綺麗に情報が配置できた!美しい!!」と満足しているにも関わらずよく言われるこの言葉。こう言われた時、どんな対応をするのが正解なのか。

対応方法

1. 無視する
2. 言われた通り大きくする

1は仕事として最悪な対応である。かといって2は思考停止している感が否めない。今までしっかり考えてきたデザインに対して唐突に「言われたからしました」は駄目だろう。

3. 何故そう考えたのかを尋ねた上で、要求の意図を把握し、その意図に沿ったデザインを再提案する

ここが肝になってくる。

言った側も、別に何も考えずに言った訳ではない。見たデザインに関して、思うところがあったから意見したのである。
特に営業職の場合「より商品が売れるには」を考えている。キャッチフレーズが大きい方が売れるという手応えがあるのかもしれない。直接売り込む際、価格をプッシュした方が売りやすいのかもしれない。

ノンデザイナーの言う「この文字を大きくして欲しい」は「この文言を目立たせたい」という意思の表れである。目立たせる=大きくする、という思考回路だ。

その為、もしデザイン的に文字を大きくするのが難しいのであれば「この文字を目立たせたい、ということでよろしいでしょうか?」と一度確認を取るべきだ。もし営業の要求が「大きくすること」ではないのであれば、選択肢も無限に増える。

  • 文字を大きくする
  • 他の文字を小さくする
  • 書体を変える
  • 色を変える
  • 文字を囲う
  • 背景色を変える

勿論他の情報を削って別の情報を打ち出す、などの方法もある。やり方は目的によって大きく変わってくるだろう。

デザインを作っていくに当たって一番大事なのは「何故そのデザインを作るのか」という目的である。そもそもデザインを作る必要さえない場合もある。デザインはあくまで情報伝達のためのひとつの手段であり、デザインを作ることが目的ではない。その辺りはデザインを作る側もより強く認識し、制作に取り掛かるべきだと思う。

まとめ

言われたらひとまずその意図を聞いた上で、整理をする。
必要ならば再考し、提案する。

余談

ちなみにこれ、作っていると「この文字を大きくして」「ここも大きく」「ここも」みたいな感じで要求が重なりやすい。そういった場合には必ず「どこを一番目立たせたいのか」を明確にする必要がある。優先順位を考えさせると大きくしたい欲求もなりを潜める可能性がある。頑張っていきたい。

関連記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません
26
@tanakashiの技術ブログ
26
このエントリーをはてなブックマークに追加