BETA

月間100万PVのオウンドメディアで使っているWordpressプラグイン一覧

投稿日:2019-12-29
最終更新:2020-01-14

記事を少しだけ更新してるので、最新の記事を見たい方はこちらへどうぞ。
https://11-30am.com/47/?utm_source=qrunch&utm_content=article


自分が仕事で開発・運用しているオウンドメディア、施工の神様で実際に使っているプラグインを紹介しようと思います。
まず前提条件として、施工の神様は以下のようなメディアになります。

  • 開設:2017年1月
  • 月間PV:100万PV

オウンドメディアとしては、中規模くらいのオウンドメディアかと思います。
サイト運営の目的としては自社の求人メディア施工管理求人ナビに送客すること、サイト単体での収益を上げることの2つになっています。

開設が割と前なので、その時点でのベストなプラグインの構成になっています。なので、今だと古くて使わないプラグインや不要なものも含まれています。
ただ実際約3年の運用に耐えているものになりますので、新たにメディアを作るときの参考にはなるかと思います。

それでは以下に羅列していきます。全38個になります。

AddQuicktag

リッチエディターやテキスト直接編集のエディタで、事前に指定したタグを入力できるようにするプラグイン。吹き出しでのメッセージ、注釈などに使っています。
いまだとGutenbergがあるから、もしかしたらいらないのかも?

Admin Columns Pro

管理画面の投稿・ユーザー、メディア一覧にカラムを追加できるプラグイン。
投稿一覧に記事のサムネイルを表示させられるようにしています。タイトルの文字情報より、サムネイルを見た方が記事の判断が早いので。SNSのアイコンみたいなものですね。

Advanced Ads

メディア内の広告の管理、運用のためのプラグイン集。選定したのは自分じゃないので詳細は知りませんが、実際の運用に耐えています。
有効化しているのは以下の4つ。

  • Advanced Ads
  • Advanced Ads Pro
  • Advanced Ads Responsive Ads
  • Advanced Ads Ad Tracking

広告を単体で管理するのはもちろん、グループで管理し、グループ内で広告を表示するローテーションを設定できたり、どの設置場所にどのグループを表示させるかなどを制御できます。
Responsive AdsはたしかAMPで広告を表示させるのに必要だった気がします。Ad Trackingは各広告のクリック数、インプレッション、CTRなどを管理するのに必要なので、メディアでの純広告を回すためには必須です。
有料ですがこれを自前で実装しようと思うと相当な工数が掛かるため、買った方が安くつきます。

Advanced Custom Fields

鉄板プラグイン。カスタムフィールドを使って記事ごとに記事内容以外の値を持たせたい場合は必須。設定は管理画面で管理せずにコードに書いて管理しています。

Advanced Custom Fields: Repeater Field

Advanced Custom Fieldsを使うなら大体必要となってきます。Proを買わないといけないので有料ですが、お金を出す価値はあります。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

商用サイトなので年額を払って有効化しています。コメント欄を運用するにはスパム対策は必須となるので払って損はないかと。おそらくAutomatticの主な収益源の一つなんでしょうね。

All In One SEO Pack

鉄板のSEOプラグイン。各種SEOの設定以外にもソーシャルメディアのOGPなども管理できます。有料版もあるんですが、正直無料版でこと足ります。

Amazonのアソシエイツリンクを貼り付けられるプラグイン。わざわざAmazonでリンクを発行しなくて済むので楽です。

AMIMOTO Plugin Dashboard

サーバにAMIMOTOを使っているので使っています。管理画面でCloudFrontやNginxのキャッシュの制御ができます。
関連して以下のプラグインも導入してオンにしています。

これをオンにしないとこのプラグインは意味をなさないのかなと。

AMP

AMP化するのに便利なプラグイン。別でAMP専用のテーマを作って適用しています。ただそうなるとPC、SP、AMPの3種類のテーマをメンテナンスしなきゃいけないのがネック。

Apester Interactive Content

Apesterというアンケートのプラットフォームがあるんですが、そのアンケートをWordpress内に貼り付けられるプラグイン。

Comment Report Button

コメントの通報ボタンを設置できるプラグイン。全部自分達で管理運用していると大変なので、ユーザーの助けを得てコメントの管理をしています。

Contact Form 7

お問い合わせフォーム鉄板のプラグイン。これさえあれば。わざわざお問い合わせフォームを実装しなくていいし機能としては申し分ないです。

Easy Footnotes

記事内に用語の注釈を追加できるプラグイン。そこそこ使っている気がします。

EWWW Image Optimizer

画像の容量を最適化できるプラグイン。アップロード時はもちろん、過去にアップロードした画像をまとめて最適化もできます。ただ無料で使う場合にはサーバへの負荷が大きいので使うタイミングを考えた方が良い。

Google XML Sitemaps

鉄板のXML Sitemapを作れるプラグイン。All In One SEO Packにも同じ機能がありますが、こちらの方がより細かく制御できる印象。

Login rebuilder

一応有効化されていますが、下記にあるSiteGuard WP Pluginの方のLogin画面変更機能を使っているので使っていなかった気がします。

Public Post Preview

記事を公開前に閲覧するURLを発行できるプラグイン。著者の人への確認などに使えて便利。

Push7

モバイルに対してプッシュ通知をできるPush7をWordpressに組み込めるプラグイン。

Regenerate Thumbnails

サムネイル画像を各種サイズで再生成してくれます。サムネイル画像のサイズを変更した時や、新たに追加した時に役に立ちます。

SiteGuard WP Plugin

WordPressでのセキュリティ対策をこれひとつでほぼ担ってくれるプラグイン。中小規模のサイトだとこれを入れて設定しておくと必要十分かなと。

SNS Count Cache

各種ソーシャルでのシェア数などをカウントしてくれるプラグイン。メディアを運用するにはソーシャルの反響は大事なので必須かなと。

Throws SPAM Away

コメントスパムを設定によって検知してくれて勝手にゴミ箱に捨ててくれます。無料なのが申し訳ないくらい優秀。

TinyMCE Advanced

WordPressのエディタの機能をさらにリッチに強化してくれます。Gutenbergだといらないのかな?

User Profile Picture

ユーザーにプロフィール画像を設定できます。Wordpressのプロフィール画像設定はGravatarで微妙に不便なのでそれを解消してくれます。

WebSub/PubSubHubbub

いち早く記事をインデックスさせるための仕組み「WebSub/PubSubHubbub」にリクエストするためのプラグイン。効果の程は未知数ですが、やっておいて損はないかと思います。

WordPress Ping Optimizer

各種ブログシステムにPingを送るためのプラグイン。現在Pingが効果があるかは疑問符ですが、各サービスにインデックスされると思うので損はないかなと。

WP Multibyte Patch

最初からWordpressに入っているプラグイン。黙って有効化。

WP REST API

WordPress APIを有効化するプラグイン。現在のWordpressだと不要?

WP ULike

メディア独自のいいね!機能を追加できます。コメントのいいね!機能に利用して、注目のコメントにいいね!数を利用しています。

WP-PageNavi

鉄板のページングプラグイン。開発者としては使いにくい部分はありますが、やっぱりこいつからは逃れられません。

おすすめの記事を出すためのプラグイン。開発者としても使いやすい印象。優秀。

マルチデバイス

デバイスによって適用するテーマを切り替えられるプラグイン。とても優秀で、開発者としてもこのプラグインによって困ったことはありませえん。
オリジナルテーマで運用していて切り替えしたいならこいつが無難かなと。


以上、全38個になりますがあらためて書き出してみると、こんなに多くのプラグインを使っていたんだなと。
使い過ぎもサイトが重くなり制御しにくくなるので考えものですが、プラグインのお世話にならずにWordpressは運用できません。賢く使っていきましょう。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@takuhito-hの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう