Fjord Boot Camp 学習記録 - Linuxゲリラ戦記 54 gzipコマンド

2019-03-15に投稿

Linuxゲリラ戦記を読んでいます。
54のgzip圧縮についてのメモです。

gzipコマンド

  • ファイルを圧縮する
  • ファイルを展開する
  • 拡張子は.gz
  • 標準入力から受け取ったデータを圧縮し、標準出力から受け取ることができる
  • ファイルアーカイブとしての機能は持たない
    • tarファイルをgzip圧縮する、という扱い方が一般的

gzipとは

  • GNU zip
  • GNUプロジェクトによって、開発・メンテナンスされている
  • Lempel-Zivアルゴリズム(LZ77)と、ハフマン符号を用いている

圧縮する

指定のファイルを.gz形式に圧縮する。

$ gzip ファイル名

圧縮が完了すると、ファイル名.gzという名称に変わる。
指定したファイルそのものが圧縮される。

展開する

指定の.gz形式のファイルを展開する。

$ gzip -d ファイル名
  • 指定のファイルそのものを展開する。別ファイルが作られるのではない。

    • 元のファイル名がファイル名.gzだとしたら、.gzの部分がなくなり、ファイル名というファイル名になる。
  • $ gunzip ファイル名 でも展開できる

zip/unzip

  • zip圧縮をしたい場合は、zipコマンドを使う
  • unzipコマンドで展開できる
  • zipは、ファイルアーカイブも行う

所感

  • gzipの展開コマンドは、ungzipではなくgunzipなのだなぁ。
    • gunzipは、GNU unzipということ??

このログへのコメント

コメントはありません
このエントリーをはてなブックマークに追加