Cisco C841M初期設定してみる(1)

公開日:2019-05-08
最終更新:2019-05-08

概要
学習用に買ってきたCicso C841 Mの初期設定を行う

目標地点
・ルータ経由でhttps://google.com を見る

設定手順
1.電源を入れる
電源ケーブルを挿す

自動的に立ち上がるので、約2分程度待つ

2.PCをルータに接続
LANケーブルを背面のLANポートに挿す

3.疎通が取れているか確認
コマンド「 ping 10.10.10.1」を実行
(本体にVLANで初期からIPアドレス「10.10.10.1」が割り振られているため)
4.ユーザ設定(アカウント作成)
ブラウザに「10.10.10.1」と入力

初期設定ののワンタイムユーザIDとパスワードでログイン(ID:cisco PW:cisco)

ユーザIDとパスワードを入力してアカウント作成完了

====ここからターミナルをメインに使います====
5.本体にログイン
「ssh -l 作成したユーザID」と入力
パスワード入力を求められるので、作成したパスワードを入力
ログイン完了
「yourname#」と表示される(初期からenableだった)

6.hostname変更
「conf t」(config terminalでも可能)を実行
hostnameを「S」としたい場合
「hostname S」を実行
「S(config)#」となれば成功

7.物理ポートの確認
「sh ip int brief」(show ip interface briefでも可能)を実行
「GigabitEthernet」の「0/0」、「0/1」、「0/2」、「0/3」、「0/4」の5個と「Vlan1」が出てきた

====ここからコンフィグレーションモードへ入るコマンドは省略します====
8.WANの設定
物理ポートの「GiG4」とモデムルータ(192.168.3.1/255.255.255.0)をLANケーブルでつなぐ

「int gi 0/4」でインターフェースの設定モードに入る
「ip address 192.168.3.20」を設定(モデムルータが192.168.3.2~192.168.3.254の範囲を見ている為、適当に真ん中あたりを拾った)
(※ここでモデムルータのサブネットとIPがわからず、詰んだ為、モデムルータに入って設定確認した)
コンフィグモードに戻し
「ip routing」(IPv4ルーティングを有効にする)と
「ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.3.1」(デフォルトゲートウェイを192.168.3.1にする)を設定

9.疲れたので、保存
「copy running-config startup-config」を実行

足りていないこと
・PPPoE設定する所とかNATする所は今度やる
感想
・学習不足を痛感してる しっかりやろうと思った

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
17
+1
メモ適当に書きます

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする