BETA

spinlock

@spinlock
暗号プロセッサのオープンソースハードウェアやってます。

オープンソースのCPUの除算性能 RISC-V vs ICF3-Z

はじめに 2020年1月15日に8bit CPU ICF3-Zを制限の緩いオープンソースのライセンスで公開しました。 CPUのようなハードウェアも...

2020-02-01

8bit CPU ICF3-ZのZeviosの除算性能のメモ

はじめに 8bit CPU ICF3-Zのオリジナルのコア、Zeviosの除算性能について解説します。Zeviosは2020年1月15日に緩いオープンソ...

2020-01-16

8bit CPU ATmega328の除算性能を測定してみた

はじめに ATmega328は Microchipの8bit CPU AVRの1種です。AVRは除算命令がなくArduinoで除算をするコードを書いた場...

2020-01-12

8bit CPU AVRとICF3-Zとの違い

はじめに 自作した8bit CPU ICF3-Zを2020年1月15日にApache License 2.0で公開しました。XilinxのFPGAに実装...

2020-01-08

仮想マシンの加速支援機構つきの新型8bit CPU

概要 新型の8bit CPU(ICF3-Z)を設計してFPGAに実装。仮想マシンの加速支援機構を使った、簡単なスタックマシンで、サンプルプログラムがXi...

2019-12-15

GPUを使ってファイル暗号のパスワード解読にかかる時間を推測

Qiitaに2017/01/06に投稿したものです 背景 近年、GPUの性能が向上し昔、安全だと思われていた暗号強度では不十分になっているのではな...

2019-12-15

データを暗号化して計算できるシステムがイノベーションを起こすかも!?

知られたくないデータを暗号化して暗号化されたまま計算できるシステムがあれば社会に変革が起きるかもしれない。「秘密計算」といわれる分野の話です。ハードウェア...

2019-10-19

Webサーバの性能を上げる専用ハードを開発しています

インターネット上のサイトをブラウザで閲覧する時に通信を暗号化しますが、その暗号化で使われる公開鍵暗号は処理が重く、サーバに負荷がかかります。SSLアクセラ...

2019-10-18

暗号プロセッサICF3について、その未来

暗号プロセッサICF3はRSA暗号の性能が世界一でした。1999年12月、大型コンピュータの暗号装置に搭載され、世界中の銀行などに納品されました。欧州に良...

2019-10-18

1999年のICF3はアマゾンとイーサリアムの課題を計算できます

2019年8月7日 00:38 修正( 誤 t=30、 正 t=2^30 ) 1999年の暗号LSI ICF3は「米アマゾンとイーサリアム財団ら、賞...

2019-08-06

3で割った商を求める論理回路を考えて証明してみた

はじめに コンピュータの内部では2進数で計算しています。最近、3進数の半導体(3進法半導体)の研究も進んでいるようです。半導体の微細化も限界が近づいてき...

2019-07-28

RSA 8192bitの性能を測定するソースコード

背景 RSA 2048bitや4096bitの性能はopensslのspeedコマンドによって測定ができるが、今のところ8192bit以上の性能は測定で...

2019-04-03
ブログをみる

アクティビティ

Less   More

よく読まれている記事

よく使うタグ