BETA

WindowsにVagrant入れてUbuntu

投稿日:2018-12-04
最終更新:2018-12-04

おおよそ表題の通り。ログの焼き増しです。

大まかな流れ

  1. 公式サイトからVagrantのmsiファイルをDL
  2. インストーラからインストール(次へ連打でOK)したら再起動。でもChocolatelyならcinst -y vagrantで一発。

  3. vagrant --versionでインストール成功してるか確認

  4. VurtualBoxをInstall。こちらもChocolatelyのほうが簡単。

  5. vagrant box add {vmname} {url}でイメージを導入 boxとはイメージファイル。色んな所でVagrantのBoxが公開されてるからお好みで。

  6. 作業用Dirを作成して移動
  7. vagrant init {vmname}でvagrantを初期化(使用BOXの指定) この時点で作業用Dir下にVagrantfileが作成されているはず。この中にはVMのOSとかIPとかUser情報とか、色んな設定が書かれてる。 box addで誰かが公開してるこの設定ファイルを使うよって指定してる
  8. お好みでVagrantfileを弄ってもいい。メモリ容量増やしたりとか。
  9. vagrant upでvm起動 ここで.vagrantディレクトリが作られ、その下にVagrantfileをもとに色々な設定ファイルが生成される
  10. TeratermとかRLoginとかのSSHクライアントで接続

起動までにいろいろ躓いた

過去にVurtualBoxを導入してて更新をかけていなかった場合、Host側とGuest側でVMのバージョンが異なってエラーをはくことがある。

この場合は素直にVMを更新してあげればいい。

VMの更新時はvagrant haltでVMをシャットダウンしないとできない。

私の場合、VagrantHeadlessが邪魔してvagrant haltがうまくいかず、業を煮やしてGUI側でVagrantイメージをシャットダウンして更新。

その後、たぶんVagrant側で管理してるイメージの状態と実際の状態に差異がでてしまったせいか、

`There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["showvminfo", "\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00"]

Stderr:

というエラー。

解決策として、作業用Dir下のファイル全部消してvagrant init {vmname}からやり直したら直った。

'vagrant up'が終わったら、vagrant sshでssh接続。 初期状態ならvagrantというユーザーで接続される。

参考

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@showyleeの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!