AWS Toolkit for Visual Studio CodeをインストールしてAWSに接続する

公開日:2019-07-16
最終更新:2019-07-16

何をする?

  • AWS Toolkit for Visual Studio Code が一般公開されたのでインストールしてみます
  • AWSに接続するところまでやってみます

前提条件

  • Visual Studio Codeはインストール済み
  • AWSアカウントは開設済み
  • IAMユーザーおよびcredentials作成済み
  • AWS CLIでaws configureはしていない状態

やってみた

AWS Toolkit for Visual Studio Code のインストール

インストールはとっても簡単

  • Visual Studio Codeを起動し、Marketplaceで「AWS Toolkit for Visual Studio Code」を検索し、インストール
  • インストールが完了すると、アクティビティバーにAWSのアイコンが表示される

AWSに接続する

  • AWS: EXPLORERの【Connect to AWS...】をクリック
  • AWS CLIでaws configureしていない場合は、「Credentialsが定義されてないみたいだけどセットアップする?」という旨のメッセージが表示されるので、お言葉に甘えて【Yes】
  • プロファイル名を入力
  • アクセスキーを入力
  • シークレットキーを入力
  • AWSに接続完了(右下にどのプロファイルで接続しているかが表示されます)

インストール後

  • AWS: EXPLORERの【…】をクリックするとメニューが表示されます
  • コマンドパレット(Ctrl+Shift+P)で「AWS」と入力すると使用可能なコマンドが表示されます

参考情報

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
AWSやAzureについて勉強したことをつらつらと。 基本的には未来の自分に向けたメモ的な何か。

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする