BETA

AWS CloudFormation練習帖:スタックをリソースから変更してみる

投稿日:2019-07-09
最終更新:2019-07-09

何をする?

  • CloudFormationで作成したスタックを手作業で変更して「ドリフト検出」を試してみます
    • CloudFormationで作成したスタックをCloudFormation以外で変更した内容を検出、確認することができます

前提条件

やってみた

スタック変更前のドリフトチェック

  • マネジメントコンソール > サービス > CloudFormation
  • まずは現在のスタックの状態確認
    • 【ドリフトステータス】が「NOT_CHECKED」、【前回のドリフトチェック時刻】が「-」になっています
  • スタックアクション > ドリフトの検出
    • 【前回のドリフトチェック時刻】が更新され、【ドリフトステータス】が「IN_SYNC(同期が取れている状態)」になりました

スタックの変更

  • マネジメントコンソール > サービス > VPC
  • IPv4 CIDRが10.0.0.0/16のVPCを選択して、Nameを「CloudFormationVPC_New」に変更します

スタック変更後のドリフトチェック

  • マネジメントコンソール > サービス > CloudFormation
  • スタックアクション > ドリフトの検出
    • 【ドリフトステータス】が「DRIFTED」になりました
  • スタックアクション > ドリフト結果を表示
    • ドリフトが検出されたリソースタイプ(今回はAWS::EC2::VPC)が表示されています
    • ドリフトの詳細の表示
      • 【違い】【詳細】の部分に変更された内容が表示されています

ドリフト検出後

  • ここから自動でテンプレートに…なんてことはできないみたいです
  • 検出された内容を手元にあるテンプレートに反映するのかな

おまけ

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

AWSやAzureについて勉強したことをつらつらと。 基本的には未来の自分に向けたメモ的な何か。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!