AWS CloudFormation練習帖:スタックをリソースから変更してみる

公開日:2019-07-09
最終更新:2019-07-09

何をする?

  • CloudFormationで作成したスタックを手作業で変更して「ドリフト検出」を試してみます
    • CloudFormationで作成したスタックをCloudFormation以外で変更した内容を検出、確認することができます

前提条件

やってみた

スタック変更前のドリフトチェック

  • マネジメントコンソール > サービス > CloudFormation
  • まずは現在のスタックの状態確認
    • 【ドリフトステータス】が「NOT_CHECKED」、【前回のドリフトチェック時刻】が「-」になっています
  • スタックアクション > ドリフトの検出
    • 【前回のドリフトチェック時刻】が更新され、【ドリフトステータス】が「IN_SYNC(同期が取れている状態)」になりました

スタックの変更

  • マネジメントコンソール > サービス > VPC
  • IPv4 CIDRが10.0.0.0/16のVPCを選択して、Nameを「CloudFormationVPC_New」に変更します

スタック変更後のドリフトチェック

  • マネジメントコンソール > サービス > CloudFormation
  • スタックアクション > ドリフトの検出
    • 【ドリフトステータス】が「DRIFTED」になりました
  • スタックアクション > ドリフト結果を表示
    • ドリフトが検出されたリソースタイプ(今回はAWS::EC2::VPC)が表示されています
    • ドリフトの詳細の表示
      • 【違い】【詳細】の部分に変更された内容が表示されています

ドリフト検出後

  • ここから自動でテンプレートに…なんてことはできないみたいです
  • 検出された内容を手元にあるテンプレートに反映するのかな

おまけ

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
AWSやAzureについて勉強したことをつらつらと。

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする