BETA

コミュニケーションが技術的な意味での仕事に影響を及ぼす話

投稿日:2018-12-09
最終更新:2018-12-09

何の変哲もない技術的な話題のトゥート

本番互換マジ大切で、開発Windows、社内試験CentOS、総合試験環境RHEL+SELinux、本番はRHEL+SELinux(クラスタ構成)とかあるからね。
もうほんと、こういう環境は控えめに言ってマジでゴミ(態度が大きい)
なんであんな環境で開発してたんだろう。
バッチ動かないとか時間ずれるとか腐る程たくさんあった。

これ、"技術力"の問題かな、って思うじゃん?

でも、これもっとやばいのは、敢えて社内試験でRHELのSELinuxでなくCentOSを使った理由は、単純に怠惰/技術的な知識不足とかじゃなくて、お客様や上司との調整が面倒でRHELのSELinux買わなかったというところ。
なぜこうなったのか、その根幹的なところが、実は人間関係なんだよね。
この件について一番ワロエナイけどワロタ部分。

この件だけではないんだけど、色々細かく技術的に問題になった事象を紐解くと、だいたい全部が「そこで手を抜いとるからやん」てなる。
みんな、冷静なときに目の前に他人事として出されたら「そんな馬鹿なことするわけあるか」と思うんだけど、上司や顧客との交渉とか、部下との調整とか、色々人間関係的な問題が絡んでくることによって、一気に間違うためのハードル(?)が激下がりする。
私はしばらく、そういうのって技術力の問題だと思ってて、まあ一部には確かに技術力の問題もあるんだけど、本質は人間の問題だった。

かなしくなった。

言いたいこと

本質が純粋な技術に帰着しない問題は、じつは山程ある。
それをどうにかする事が、仕事の主要な部分だと思う。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

だべだべ - @sasanquaneufの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!