BETA

Ubuntu 18.04 ServerにPowershellインストール

投稿日:2019-02-10
最終更新:2019-02-10

Ubuntu 18.04デスクトップであればPowershellはUbuntuソフトウェアからインストールできるが、Ubuntu 18.04 ServerではAPTの標準リポジトリにはないようだ。

$ apt search powershell  
ソート中... 完了  
全文検索... 完了  
python-dcos/bionic 0.2.0-2 all  
  Datacenter Operating System (DCOS) CLI - Python 2.7  

python3-dcos/bionic 0.2.0-2 all  
  DCOS Common Modules - Python 3.x  

python3-winrm/bionic 0.3.0-1ubuntu1 all  
  Python 3 library for Windows Remote Management

公式サイト を見るとUbuntu 18.04用debパッケージがあったので、それをダウンロードしてインストールする。

$ wget https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.1.2/powershell_6.1.2-1.ubuntu.18.04_amd64.deb

aptコマンドでインストールする。ファイル指定時はカレントディレクトリを指定する必要があることに注意。

$ sudo apt install ./powershell_6.1.2-1.ubuntu.18.04_amd64.deb

実行ファイルは/opt/microsoft/powershell/6/pwshにインストールされる。なぜか/usr/bin以下には何も作成されないので、シンボリックリンクでも作っておく。

$ sudo ln -s /opt/microsoft/powershell/6/pwsh /usr/local/bin/powershell
$ powershell  
PowerShell 6.1.2  
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.  

https://aka.ms/pscore6-docs  
Type 'help' to get help.  

PS /home/ryecroft>
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@ryecroft21の技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!