BETA

localhostにHTMLバリデーションを行うパッケージを作ってみました

投稿日:2018-11-22
最終更新:2018-11-22

作ったもの

validate-localhost

使い方

validate-localhost --port=8000 --path=/any/path
# エラー表示例
ERR! error at line 9: Element “div” not allowed as child of element “span” in this context. (Suppressing further errors from this subtree.) 
ERR! error at line 11: Element “style” not allowed as child of element “body” in this context. (Suppressing further errors from this subtree.) 

他オプションだったり、デフォルト値等はnpm / githubに書いています。

なんで作った?

職場ではFreeMarkerというjavaのテンプレートエンジンを使っていて、ローカルで動かしているんですが、こいつにHTMLバリデーションをかけたいって思ったのがキッカケです。
軽く調べて同じものはさなそうだったのと、初パッケージ公開もしてみたくて作りました。

どうやってる?

W3CのNu Html Checkerを使っています。
こちらはAPIが公開されているのと、それを使ってうまいことやってくれてそうなパッケージを見つけたので利用させていただきました。

やっていることは単純で

  1. 指定されたポート(default: 3000)とパス(default: /)にアクセスしてHTMLを取得
  2. APIでHTMLを投げて結果を取得
  3. エラーの有無でログを出し分け

をやっているだけです。(何も怪しいことはしてません)

よかったら使ってね

少しでも楽にローカルのHTMLにバリデーションをかけたいんじゃー!
という方は使ってやってくれると嬉しいです。
不具合や要望があればissueでもプルリクでもお気軽にお願いします。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@rsGs33JciGD3GNIA'の技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう