BETA

atom-runnerでpyenvで指定したpythonを使う

投稿日:2018-12-13
最終更新:2018-12-13
※この記事は外部サイト(https://www.rocher.kyoto.jp/arbr/?p=1453)からのクロス投稿です

環境

  • CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)
  • Atom 1.31.2
  • atom-runner 2.7.1

設定

Atomの設定ファイル(config.cson)にpyenvが指しているpythonのパスを指定する。ホームをチルダで指定したら動かなかったので絶対パスで指定している。

pythonのパス確認

$ which python  
~/.pyenv/shims/python

~/.atom/config.csonに追記("*": は元からあるのでその下にrunnerからの3行を追記)

"*":  
  'runner':  
    'scopes':  
      'python': '/home/ユーザ名/.pyenv/shims/python'  
  以下、元からあった分
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@qPkJnEPdYTMgQPdyの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!