atom-runnerでpyenvで指定したpythonを使う

公開日:2018-12-13
最終更新:2018-12-13
※この記事は外部サイト(https://www.rocher.kyoto.jp/arbr/?p=1453)からのクロス投稿です

環境

  • CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)
  • Atom 1.31.2
  • atom-runner 2.7.1

設定

Atomの設定ファイル(config.cson)にpyenvが指しているpythonのパスを指定する。ホームをチルダで指定したら動かなかったので絶対パスで指定している。

pythonのパス確認

$ which python  
~/.pyenv/shims/python

~/.atom/config.csonに追記("*": は元からあるのでその下にrunnerからの3行を追記)

"*":  
  'runner':  
    'scopes':  
      'python': '/home/ユーザ名/.pyenv/shims/python'  
  以下、元からあった分
記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
18
+1
@qPkJnEPdYTMgQPdyの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする