BETA

ビジュアルプログラミングツール StateGo アセンブラサンプル作成

投稿日:2020-07-06
最終更新:2020-07-20

ビジュアルプログラミングツールStateGoの対応言語を広げるため、アセンブラに挑戦しました。
知らない人のために説明しますと、アセンブラは最も低レベルなコンピュータ言語で、その命令が一対一でコンピュータの実行用バイナリコード(マシン語)に対応します。
書くのも読むのも大変面倒な言語です。
この面倒な言語をStateGoで利用する場合は、仕様を落とし込んで単機能ずつパーツとなるステートを作成していきます。アセンブラは少しでも間違えるとすぐ動作が不安定になりますから、ひとつづつテストをしていきます。最後にパーツを組み上げて動作確認をします。
そんな『フルスクラッチのビジュアルプログラミング』みたいな使い方もStateGoは可能です。
アセンブラの需要はほぼないと思いますが、面白いと思って頂ければ幸いです。

サンプルのURL
https://github.com/NNNIC/psgg-nasm-sample/

StateGoのURL https://statego.programanic.com/

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@programanicの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう