BETA

matplotlibの文字化け対策(Amazon Linux2の場合)

投稿日:2020-05-20
最終更新:2020-05-20

matplotlibの文字化け対策は多くの情報がありますが、Amazon Linux2向けの情報はありませんでした。
他のOSと基本的な対策方針は同様です。
日本語フォントをインストールし、キャッシュを削除します。

対策手順

[1] 日本語フォントのインストール

IPAexフォントの一つである'IPAGothic'をインストールします。

sudo yum -y install ipa-gothic-fonts  

[2] ソースコードに追記

キャッシュの削除、及び、日本語フォントを指定するコードを追加します。

import matplotlib as mpl  
import matplotlib.pyplot as plt  

mpl.font_manager._rebuild()    # キャッシュの削除  
plt.rcParams['font.family'] = 'IPAGothic'    # 日本語フォントを指定  

[3] 設定ファイルの変更

matplotlibの設定ファイルを変更します。
この方法で上手くいくようなら、[2]ソースコードの追記は不要です。

まずは以下のソースコードで、設定ファイルの場所を把握します。

import matplotlib as mpl  
print(mpl.matplotlib_fname())  
# /home/ec2-user/.local/lib/python3.7/site-packages/matplotlib/mpl-data/matplotlibrc  

設定ファイルに以下の行を追加します。

font.family  : IPAGothic  

終わりに

他OS向けの対策をしても若干手順が異なり上手くいかず、思いのほか時間がかかりました。

ソースコードに追記する方法は、下記記事を参考にさせていただきました。
SageMaker上のmatplotlibを日本語表記にする | Developers.IO

備忘録

matplotlibの情報表示

import matplotlib as mpl  

print(mpl.get_configdir())       # 設定ディレクトリの表示  
print(mpl.get_cachedir())        # キャッシュディレクトリの表示  
print(mpl.matplotlib_fname())    # 設定ファイルの表示  
print(mpl.font_manager.findSystemFonts())    # フォントリストの表示  
print(mpl.rcParams['font.family'])           # 使用中フォントの表示  

IPAGothic以外のIPAexフォントのインストール

sudo yum -y install ipa-gothic-fonts ipa-mincho-fonts ipa-pgothic-fonts ipa-pmincho-fonts  
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

役に立つことから立たないことまで日々のアウトプットを綴る

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう