BETA

AWS Cloud9で初めてPython3を動かすまでの手順

投稿日:2020-02-02
最終更新:2020-02-02

何が出来るのか

ブラウザでソースの記述、実行、デバッグができる。

AWS Cloud9を使うメリット

  • ローカルに環境構築しなくていい
  • 使っていない間は自動で休止してくれる (デフォルトは30分後)
  • 主要な言語全般に対応している
  • 複数ユーザーで共同開発できる

AWS Cloud9を使うデメリット

  • 使えば使うほど料金がかかる (t2.microだと1時間で0.02$弱)
  • (Pythonに限って言えば) Google Colaboratoryの方が簡単かつ便利かつ速い
  • ネットに接続していないと使用できない

使い方

[1] 作成

[2] 名称と説明

[3] 設定その1


Environment typeでは、新しいインスタンスを作るか、既存のインスタンスを使うのかを選択できる。
今回は、新しいインスタンスを作る。
Instance typeでは、インスタンスのスペックを選べる。
今回は、一番低いスペックのt2.microを選択する。

[4] 設定その2


OSはAmazon Linuxを選択する。
残りの項目はデフォルトのまま。

[5] 作成完了

1分ほど待つと作成が完了する。
早速、Pythonのソースコードを作成し実行してみる。

[6] Python実行

[7] 削除

先ほどの画面で[AWS Cloud9]->[Go To Your Dashborad]を選択すると、ダッシュボードが表示される。
ダッシュボードで作成した環境を選択し[Delete]をクリックする。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

役に立つことから立たないことまで日々のアウトプットを綴る

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう