BETA

OpenCV生活21日目 動画の読みこみ

投稿日:2020-07-27
最終更新:2020-07-27

今日はOpenCVでの動画の読み書きを扱います。

動画の読み込み

動画の読み込みは簡単です。

最初に次のように保存されている動画を開きます。

import cv2  
v = cv2.VideoCapture("./ex.mp4")  

カメラからフレームを取得する場合はデバイスのIDの指定すればよいです。
普通は次のように0を指定すればよいかと思います。

v = cv2.VideoCapture(0)  

フレームの読み込みは以下のようにします。

ret, frame = v.read()  

フレームが読み込めれば、retにはTrueが入ってきて、フレームが読み込めない状態になるとFalseが入ります。
これを利用すれば、次のようにしてフレームを次々に読み込めます(保存されているファイルを開いている場合には、動画の終わりまでが読み込まれます)。

while True:  
    ret, frame = v.read()  
    if not ret:  
        break  

プロパティの取得

動画のフレームの大きさ、FPS、フレーム数は以下のようにして取得できます。

print(v.get(cv2.CAP_PROP_FRAME_WIDTH))  
print(v.get(cv2.CAP_PROP_FRAME_HEIGHT))   
print(v.get(cv2.CAP_PROP_FPS))    
print(v.get(cv2.CAP_PROP_FRAME_COUNT))    

取得できるプロパティは以下に一覧があります。
http://opencv.jp/opencv-2svn/cpp/highgui_reading_and_writing_images_and_video.html

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@opqrstuvcutの技術とか技術以外のブログ 最近フリーランスになりました

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう