BETA

OpenCV生活22日目 動画の書き込み

投稿日:2020-07-28
最終更新:2020-07-28

OpenCVでの動画の書き込み方

次のようにしてtest.mp4という名前の動画を作成します。

fourcc = cv2.VideoWriter_fourcc("m", "p", "4", "v")  
writer = cv2.VideoWriter("test.mp4",  
                         fourcc,  
                         30,  
                         (1920, 1080))  
print(writer.isOpened())  

第二引数のfourccは動画のコーデックをあらわしており、mp4のときにはcv2.VideoWriter_fourccの引数には"m", "p", "4", "v"を指定します。他にもmpgで保存するときには"D", "I", "V", "X"を指定したりできます。拡張子に対応してどういうコーデックが指定できるかは、ググっていただくのが良いかと思います。
また、第三引数にFPSを第四引数に動画の横と縦の大きさを指定しています。
isOpenedメソッドにより動画を書き込むための準備ができているかを確認できます。FalseのときにはPCがコーデックに対応していなかったりで上手くいっていません。

実際に書き込みをおこなうときはwriteメソッドを使います。以下では3フレーム分書き込んでいます。

writer.write(frame)  
writer.write(frame)   
writer.write(frame)    
writer.release() # 書き込み後はreleaseする  
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@opqrstuvcutの技術とか技術以外のブログ 最近フリーランスになりました

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう