BETA

モニター・キーボードなしでRaspberry Pi 3 B+をセットアップ!(OSのダウンロードとインストール)

投稿日:2018-11-10
最終更新:2018-11-10
※この記事は外部サイト(http://doboku-it-engineer.com/programming/...)からのクロス投稿です

はじめに

こんにちわ!

プログラミングを初めて1年程度、サーバーの構築なんて一切やったことなく、コマンド操作すらも怪しい、のこのこです!

今回はそんな僕が勉強がてらにラズパイを色々なサイト様を参考にさせていただいて、【CUIオンリーの軽量版】のセットアップしていきます。 (モニター・キーボード・マウス無しの想定なので、GUIは使えない)

苦戦した箇所、同じような初心者の方では絶対一発では理解できないだろうな…という箇所を詳しく解説するために書きました!

技術的な説明など色々間違っているかも知れませんが、「この記事を見ればラズパイがとりあえず動く」というのが趣旨ですので、ご容赦ください。

それではOSのダウンロードとインストールを行っていきます!

ちなみに今回はMacでの操作になりますので、Windowsだとやり方が違うかも知れないです。

参考にさせていただいたページを列挙します。説明途中にもその都度リンクを差し込ませていただきます。

必要なもの!

ちなみに今回は自分がセットアップした時と同じ状況(モニターもキーボードもマウスもない!でもラズパイだけ買っちゃった!)での事例を想定しています。 なので最低限必要な物のみ挙げてきます。

  • Mac (MacBookでもなんでもいい)
  • Micro SD (8G以上推奨)
  • SDカードリーダー (新型のMacBookはSDカードの挿入口が付いていないため。USB type-C対応のものにすること)
  • LANケーブル (sshの接続用)

たったこんだけです!

OSのダウンロード

まずはラズパイのOSである「Raspbian」をダウンロードしてきましょう! 公式サイトからダウンロード可能なのですが、海外サーバーのためダウンロードが遅いらしく、mirrorからダウンロードしましょう!

Lite版

通常版

上のLite版が「CUI」、下の通常版が「GUI」です! 今回はモニターが無い想定なのでLite版を選びます。

ダウンロードは最新版(一番下)を選択しましょう! 2018年8月10日現在では、最新版は以下のものです

raspbian_lite-2018-06-29/2018-06-29 12:29

上記リンクをクリックして

2018-06-27-raspbian-stretch-lite.zip

のようなzipファイルをダウンロードしましょう!

OSのインストール

参考:Raspberry Pi の SD カードの準備がスッキリと納得できるようになるかもしれない話(少しだけコンピュータ・アーキテクチャっぽい話も)

OSをインストールするには

SDカードのフォーマットアンマウント

        ↓

ddコマンドでOSをSDカードに書き込み

という手順を踏まなければなりません

SDカードのフォーマット

Macの「ディスクユーティリティ」を開いて、左上の「外部」の項目から自分のSDカードを選択してください。

ディスクユーティリティはLaunchpadのその他から開けます。

(ディスクユーティリティの開き方がわからない方はこちらを参考にどうぞ)

上段赤枠の「消去」をクリックしてフォーマットは「MS-DOS(FAT)」を選択し、「消去」をクリックしてください
※※※消去をクリックするとSDの中身が消えてしまうので、必ずバックアップを取ってから行ってください!

フォーマットが完了したら「消去」の二つ左にある「マウント解除」をクリックして接続を解除してください。

OSの書き込み

Launchpadからターミナルを開いて

$ diskutil list

コマンドを実行します。

下記画像のような文字が表示されますので右側の赤枠の容量が挿入してあるSDカードの容量と同じものを確認してください。

そして、その時のデバイスのパス(今回であれば左側赤枠:/div/disk2)を確認してください。

このデバイスに対して、OSを焼いていくことになりますが、謝ってMac本体のストレージに焼いてしまうと【Macが壊れる】ので、本当に注意して作業を行ってください。

※SDカートを挿していない状態でdiskutil listを実行してどれがMac本体のストレージなのかを見極めておきます。 TYPEやSIZEを見ると「Apple_APFS」や「Macintosh HD」などの記載があったり、SIZEが「256GB」と、どう見てもSDカードの容量ではないデバイスがあるので、これらはMac本体と判断できるはずです。

つまり上記のものではないストレージがSDカードです。

SDカードのパスが判明したら、ddコマンドを使ってOSを焼いていきます。

まず、念のため下記コマンドで再度マウントを解除します。

$ sudo diskutil unmountDisk /dev/rdisk2
Unmount of all volumes on disk2 was successful

この時、「disk2」の先頭にrをつけて「rdisk2」とします。 (rをつけると処理が早い…?)

「sudo」コマンドは管理者権限で実行する、というコマンドなのでパスワードの入力を求められます。 macを開くときに入力しているパスワードをそのまま入力します。

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると中から2018-06-27-raspbian-stretch-lite.imgというファイルが出てきます。

このイメージファイルのある場所を指定してSDカードに焼いていきます。

今回の場合は/Users/○○(ユーザー名)/Downloadsですので、コマンドは下記のようになります。 文末には「bs=1m」を指定します。

$ sudo dd if=/Users/○○(ユーザー名)/Downloads/2018-06-27-raspbian-stretch-lite.img of=/dev/rdisk2 bs=1m

しばらく反応がなくなり不安になりますが、「Cntl + T」で進捗を確認することができます。

入力可能な状態に戻ってきたら無事終了です。

参考にさせていただいたサイトでは1015分程度かかったとのことですが、私の環境では5分かからずに終了しました!

SDカードを抜く際には、「ディスクユーティリティ」からデバイス名を右クリックして「取り出す」を選択し、安全に取り外すのを忘れないようにしてください。

お疲れ様でした!

次回はMacからsshでラズパイにアクセスしていきます。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

Python (Django)・JavaScript(Vue.js)・GISについて書いていきます。 たまにちゃんとした記事も書きますが、基本的には自分用のメモを残していきます

よく一緒に読まれる記事

2件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
10/23 15:43

「OSのインストール」の章、元記事よりもわかりやすかったです (^o^)/

10/23 17:28

TakeyukiUEDAさま コメントありがとうございます!!SSHでの接続についても書いていくのでおまちください!

目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!