機械学習用PCを自作して環境構築するまで(その2: OSの設定)

公開日:2019-01-22
最終更新:2019-01-22
※この記事は外部サイト(http://nasb.hatenablog.com/entry/2019/01/1...)からのクロス投稿です

機械学習を勉強するという名目で久しぶりにPCを自作しました。その記録です。


全3回(予定)です。

  • その1:ハードウェア構成

  • その2:OSの設定(←今回 )

     windows10かUbuntu18.04を選んで起動できるようにしました。

  • その3: ソフトウェア環境構築



OSの設定

PCを組み上げた後、まずはOS周りの設定をしました。

1. Boot設定
2. Windows10の再アクティベート
3. Ubuntuのインストール



OSの構成を図にするとこんな感じです


1. Boot設定

元のPCでWindows10がレガシーブート設定だったので、新マザーボードのデフォルト設定だとWindows10が起動しません。PCを組み上げて起動した後、レガシーブートができるようにUEFI設定画面で以下のように設定しました。

名称 設定
SecureBoot 無効
CSM 有効

設定を保存して再起動すると、無事Windows10が起動しました。



参考:

[https://michisugara.jp/archives/2017/csm_secureboot.html:title]


2. Windows10の再アクティベート

私の場合は以下の手順でできました。

①元のPCをバラす前にMicrosoftのアカウントとOSを紐づけておく。

 ・スタートメニュー > 設定 > アカウント

 「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」


②新PCで再アクティベーションする

 ・スタートメニュー > 設定 > アカウント

 「プロダクトキーを変更します」 → Win10にアップデートする前のWin7のキーを入力 (私はWin7から無料アップデートした為です)

 「トラブルシューティング」 > 「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」


参考:

[http://dospara-daihyakka.com/report/windows10-license.html:title]


3. Ubuntuのインストール

こちらで紹介されている手順に従いました。

2つの別ディスク (HDD) にそれぞれ Windows と Ubuntu をインストールする


ただし私の場合は、新マザーボードがUEFIなのでEFIパーティションをきっておかないと、インストールが失敗しました。

参考:

[https://www.geek.sc/archives/1404:title]


その他

各種ハードウェアドライバのインストールが必要ですが記載は割愛します。


その3に続く…

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
18
+1
@nasbの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする