BETA

サーバ入門振り返り

投稿日:2020-09-07
最終更新:2020-09-07

まず初めに

数日間のサーバ入門の講義を受講し学んだこと・理解したことを振り返っていく。
サーバ構築を学ぶ中で躓いた点は多くあるが、私が最も多く直面した問題について解決策を紹介していく。

ローカルグループポリシーエディター

サーバ構築の際もっとも躓いた点がoracle virtualboxを利用した際、サーバネットワークがパブリックとなってしまう点である。パブリックに設定されている場合ネットワーク接続が出来ず、プライベートへの設定変更が必須だ。
しかし、ログイン時の初期選択を誤った場合や何らかの問題でパブリックのままネットワーク設定が固定されてしまうことがあった。その際はその都度サーバー構築を一からやり直し、改善に取り組んでいたのだがこれでは効率が悪い。

そんな中、講師の方から学んだ方法がタイトルのローカルグループポリシーエディターを用いた変更方法だ。ちなみにこのアプリケーションを立ち上げるコマンドは以下である。

gpedit.msc  

上記のアプリケーションを用いることで一度固定されたネットワーク設定を変更することが出来る。簡単に流れを紹介していこう。

  1. windowsの設定
  2. セキュリティの設定
  3. ネットワークリストマネージャーポリシー
  4. 識別されていないネットワーク
  5. プライベート・パブリックの設定
    以上が設定に関する大まかな流れだ。

結局やって覚えるしかない

今回学んだことはこのアプリケーションの存在や操作方法、コマンドについてはもちろんだが最も痛感したことは「結局やって覚えるしかない」ということだ。
学んだことすべての暗記が出来れば一番良いがそんなことはまず不可能でその努力をすることも非効率である。
今回の構築を通し、エンジニアとして必要な時に必要な分だけ必要なものを調べる力(検索力)の重要性を身をもって体験することが出来た。
今回の体験を例に挙げればコマンドに関しては正直長時間覚えていない自信がある。
頻繁に使うアプリではないだろう。
しかし「こんな体験をしたな」とか「こんなアプリケーションやコマンドがあったな」という記憶が微かにでも残っていれば次回の問題解決時に役立つはずだ。
正直、意図した動きをしないパソコンはストレスの塊だ。
それでも少しずつでもこの感覚と経験を重ね、講師の方がおっしゃるように課題に躓いた際はトラブルシューティングを楽しみ、駆け出しのエンジニアとして力をつけていきたい。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@na5ubiの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう