BETA

systemd-bootを用いてArch Linuxをブートする

投稿日:2018-12-16
最終更新:2018-12-16

はじめに

普段Arch Linuxを使っていますが、この間再インストールしました。ですがSlack-desktopを起動しようとするとDBus関連でエラーが発生して起動しなくなったので、いろいろ面倒なので再々インストールしました。
前まではブートローダーにGRUBを使っていたのですがsystemd-bootのほうが速く起動できるとのことなのでsystemd-bootにしました。

設定

詳しいことはArchWikiに書いてあるのでわかる人はその通りにやっていけばいいと思います。

EFIシステムパーティションをマウントします (/dev/sda1に/bootパーティションを作った場合)

$ mount /dev/sda1 /mnt/boot  
$ arch-chroot /mnt  

EFIシステムパーティションにsystemd-bootをインストールします

$ bootctl --path=/boot install  

ローダーの設定は/boot/loader/loader.confに保存されます。ここにはtimeoutなどローダーの設定を記載します。

/boot/loader/entries/XXX.confにArch Linuxのローダーを追加します。

$ vi /boot/loader/entries/arch.conf  

title Arch Linux  
linux /vmlinuz-linux  
initrd /intel-ucode.img  
initrd /initramfs-linux.img  
options root=/dev/sda2 rw quiet  
# option root=PARTUUID=xxxxのようにUUIDを指定することも可  

設定ファイルを作成したら/dev/sdaを取り外して再起動してください。

$ exit  
$ umount /mnt  
$ reboot  

正しく設定できているとArch Linuxが起動します。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@mryyomutgaの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!