vimrcファイル(環境設定ファイル全般)はGitHubで管理するといいのではないか

公開日:2019-02-21
最終更新:2019-02-21

はじめに

皆さんは、出先にvimrcファイルがあれば良かったのに、という経験はありませんか?

偶然にも、私はそんなことが何度かありました。

例1:インターンシップ

それは、とあるインターンシップでのことです。


回想はじめ

偉い人「AWSサーバ1つあげるから、これで何か作ってください」
私「よっしゃいじり倒したろ、さてapacheの設定ファイルは……」
私「Vimの設定がデフォルトで全然使えん!!!」

回想おわり


さて、私はこの時、偶然にもGitHubにvimrcファイルを置いていたため、クローンしました。
するとどうでしょう、行番号も碌に表示していなかったVimに、命が吹き込まれたのです。

私は、このインターンシップを大成功で収めることができました。

例2:新しい業務用パソコン

それは、新しい業務用パソコンがたくさん届いた時のことです。


回想はじめ

私「さて、環境構築するか」
新パソコンA「Vim無いよ」
新パソコンB「Vim無いよ」
新パソコンC「Vim無いよ」
私「……これ全部同じことしないとならんの?」

回想おわり


さて、私はこの時、偶然にも(以下略)

私は、たくさんの新しい業務用パソコンにいち早くVim環境を整えることができました。

例3:vimrc編集後

それは、突発的にvimrcファイルを書換えた時のことです。


回想はじめ

私「ふへへ、ついに最強のvimrcを書いてやったぜ」
私「さて、これを私が利用している別のパソコンにも入れなきゃ」
私「えーっと、家のデスクトップ、家のノート、新パソコンA、新パソコンB、新パソコンC……」
私「……今日はそろそろ帰ろう」

回想おわり


さて、私はこの時、偶然にもGitHubでvimrcファイルを管理していたため、新しいvimrcをpushしました。
別のパソコンを使う際にpullすればいいだけですから、その日は何も考えずに帰りました。

数日後、別のパソコンを利用時にvimrcをpullするとどうでしょう、Vimが生まれ変わったのです。

私は、常に最新のvimrcをどこでも利用できるのです。

おわりに

vimrcは便利ですが、慣れてしまうとデフォルトのVimが苦痛になってしまいます。
いち早く自分の環境に(PCを)適応させるため、GitHubで環境ファイルを管理するのは1つの手だと思います。

上記を活用して、快適環境の生活を過ごしませんか。

追記

GitHubで管理する前は、USBにvimrcを入れて生活していました。
書換えた時に面倒なことになるのは、お察しの通りです。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
1
+1
いろいろ落ちている

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする