BETA

執筆の技術を勉強する会 #1に参加しました

投稿日:2018-10-27
最終更新:2018-10-27

10/26に開催された「執筆の技術を応援する会」に参加してきました。

https://techplay.jp/event/700825

僕は主催コミュニティ「エンジニアの登壇を応援する会」に所属しており、 今回は運営スタッフとして参加しました。

当日の様子はtogetterにまとめられているので、参加者視点で雰囲気や発表の内容を知りたい方はこちらを見ていただければと思います。

https://togetter.com/li/1281424

スタッフ視点からの感想

良かった点

  • 参加者が楽しそうな雰囲気と楽しんでもらえる場作りができた
  • 登壇時間も概ね時間通りに進行した
  • 登壇者と聴き手の交流が自然と生まれていた
  • 参加者のキャンセルが少なかった(参加率84%)
  • 時間内になんとか撤収までできた

反省点

  • タイムキーパー役を忘れかける(登壇始まってから思い出すとは…)
  • 懇親会の時間が取れず、2分で終了(ある意味伝説)
  • 機材トラブル
  • 名札が有効活用されてなかったように感じる

総括

お酒を飲みながら発表を聞くスタイルなので、イベントの雰囲気は和やかで交流もされているなと感じました。
懇親会の時間が取れない、機材トラブルで登壇準備に時間がかかるなどまだまだ課題が多いのですが、今後開催するイベントで改善して、参加者により多くのものを持ち帰ってもらえるように頑張っていきます!

実はリハーサルをやってました

イベントの感想を見ていると

「登壇者が凄く慣れてる感じで話してる」 「聞きやすかった」 「登壇回数少ないのに凄い!」

といった声をちらほら見かけました。

登壇者の皆さんがどうしてあんなに上手に話せたのか?という理由の一つに登壇リハーサルをしたことが良かったなと思っています。

リハーサルで制限時間内に収まるかを確認でき、その場でスライドや話の内容をレビューしてもらえることが登壇者にとっての学びになりますし、登壇者同士の顔合わせができたことで当日「誰?」ということも無くなるので登壇仲間としての一体感ができるのもいいなと感じました。

あと、レビューしてて思ったのはレビュアーが否定形を使わないのが良かったなと感じました。
「ここをこうしたらもっと良くなる」「こういう見せ方はどうだろう」という意見が交わされる場は素敵だなと思いました。

ちなみにリハーサルはとらLabでで行いました。
技術系のイベントでしたら無料(執筆時点)で利用できます!飲食物持ち込み可(匂いの強いものは不可)とのことですのでお気軽に利用してみてはいかがでしょう。
コワーキングスペースとしても利用できるそうです。
とらLab様ありがとうございました!

https://news.toranoana.jp/64239

さいごに

エンジニアの登壇を応援する会では 『全てのエンジニアに成長と幸福をもたらす』ことを目標に掲げ、 『アウトプットを促進する』ことをミッションとして活動しています。

今回のような勉強会の開催を通じて参加された方のアウトプットするモチベーションに繋がってもらえると嬉しいです。

コミュニティのSlackワークスペースも勉強会後に多数参加いただき、活発になってきています。 このブログを読んで興味を持たれた方は是非Slackに参加してみてください!

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@midonoの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!