BETA

VRで踊ってみた動画を作った感想

投稿日:2019-04-01
最終更新:2019-04-01

こんにちは、八ツ橋まろんです。

VRソーシャルゲームの「VRChat」を使って、踊ってみた動画を撮影しました!
撮影に当たって感じたことを綴ります。

https://twitter.com/Maron_Vtuber/status/1112356689611612160

https://youtu.be/viizLS0HLUY

使ったのデバイスは以下のとおり
・HTC VIVE
・VIVE トラッカー3個

投稿した動画:1分
ダンスの練習(リアル側):2時間
ダンスの練習(VR側):2時間
撮影時間:1時間
動画編集:2時間

・リアル側でダンス練習するのは必須。
 →いきなりVRでやると、リアルとアバターの動きが違うから集中できない、ダンス覚えられない

・VR側では、覚えた動きをVRでも再現できるように修正する練習
 →リアルの動きとVRのアバターの動きが完全に一致しないためリアル側の修正が必要

・VR空間上では1分のダンス動画を0.8倍速で再生して踊り、動画編集で1倍速に戻すとよい
 →早い動きでもトラッキングがカクつかない。

・VRだとカメラに映らないディスプレイで動画再生しながら踊れるし、鏡も置いて動き確認しながら踊れるので良い

・難しいカメラワークもカメラをアニメーションさせてできるし、何回でもトライできる
 →各ダンスを同じカメラワークで3回ずつ撮影して良いのを採用した

・自分がどう撮影されているかリアルタイムで見れる
 →カメラに映らないディスプレイが使える

・IKで肩と肘と膝を補完してるので、不可能な姿勢がある
 →あきらめてダンスを改変する。IKは違和感のない日常動作をしてくれるけど、ダンスは日常動作から外れてるので仕方ない

このくらいかな?MMDと比べてお手軽に人間らしい動きができる(MMDの職人レベルの技には敵わないけど)
ので、ぜひ皆も挑戦してみてね!

八ツ橋まろんでしたっ

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@maronの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!