BETA

AWS lamda とか Google Functions で非同期処理をする場合のイディオム

投稿日:2018-12-20
最終更新:2018-12-20

await しなかった promise は、実行前にトリガ関数から return するとそのまま実行されない場合がある (っぽい感じがする)
ので、関数終了前に全部 await すべきなんだけど、その場で await しなくてもいい処理は割とあるので、そういうのは配列に貯めておいて最後にまとめて await すればいいと思う。

Firebase Functions の場合

exports.trigger = functions.https.onRequest(async (req,res)=>{  
    const tasks = [];  
    tasks.push(writeAccessLogToDb());  

    req.body.events.forEach((event)=>{  
      tasks.push(processEvent(event);  
    });  
    await Promise.all(tasks);  
});  

async/await 無しで以下のようにしても意味は同じだけど、

exports.trigger = functions.https.onRequest((req,res)=>{  
    const tasks = [];  
    /// 中略  
    return Promise.all(tasks);  
});  

コード読む立場からすると await って書いてあるほうが安心感ありそう

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@kuboonの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!