BETA

LDAPで快適Linux環境 #1 概要

投稿日:2020-03-28
最終更新:2020-03-31

Qiitaから引っ越し

高校の部活で、部員たちが使えるLinux環境を構築することになりました。それなりの人数が同時に使うわけで、誰がどの席を使うかも不特定です。そこで、

  • ユーザーとグループをLDAPで管理
  • ホームディレクトリをNFSでautomount

とすることにしました。

やったこととしては、

  • LDAPサーバーの設定
    • ユーザーとグループの追加
    • schemaの追加
    • automountマップの設定
    • sudoの設定
  • LDAPクライアントの設定
    • LDAPログイン
    • ホームディレクトリのautomount
    • sudoの設定をLDAPから取得
    • 使いたいパッケージの追加

といった流れです。
ディストリビューションは師匠に倣ってDebian GNU/Linux stretchを使っていきます。次回から、詳しい内容に入ります。

GitHubにサンプルのldifファイルをまとめました。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

Linuxを触りつつ、Minecraftで遊んだり、時々電子工作をしたりします。Qiitaから引っ越し完了。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう