誰がping応答をするのか(不完全版)

公開日:2018-12-07
最終更新:2018-12-07

ICMP監視の必要性

ICMP監視(pingによる監視)はOSの起動/停止を監視するために行うが、エージェント監視やsnmp監視などと一緒に監視するケースがある。
エージェント監視などだけにしない理由は、エージェントやSNMPのサービスと通信が途絶えたとき、その原因が「サービスの停止」なのか「OSの停止」なのかが判断出来ないかららしい。
では、ICMP replyは、OSのどのプロセスが応答しているのだろうか。
(ICMP replyも、何らかのサービスが応答しているのでは?)

LinuxでのICMPマニュアル

man icmpに以下の記載がある

The kernel ICMP module also answers ICMP requests.

つまり、Linuxでは、ICMP応答には特定のサービスを必要としておらず、カーネルが起動していればよい(のだろう)。
(もちろん、通信のためのネットワーク系サービスは、起動している必要はある)

WindwosでのICMPマニュアル

は、見つからなかった。見つかれば、追記したい。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
@kidukiの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする