BETA

Android端末にカスタムROMを入れる (その1)

投稿日:2019-05-27
最終更新:2019-05-27

カスタムROMって響きがいいよね
ってことでカスタムROM入れてみたかったから入れてみる

huaweiのOSはアップデートされなくなるししょうがないね

初めに

bootloaderをアンロックすると保証とか無効になったり、既存のアプリが起動しなくなったりします
それと一度初期化するので、端末に入ってるアプリは全てアンインストールされます
それでも良いかたは自己責任でお願いします

やること

  • ブートローダーのアンロック <-- 今回はここだけ
  • カスタムリカバリの導入
  • (データのバックアップ)
  • カスタムROM( + gapps)の書き込み

用意するもの

  • 最悪死んでもいい端末 (今回はHuawei GR5 KII-L22)
  • Windows
    • Macはwineでは動かなかった、BootCampは試してない

bootloaderのアンロック

bootloaderとは

Androidを起動した後に、OSを読み込んで実行するプログラム
通常はロックされていて、メーカーの入れたOSしか実行できないようになってる
bootloaderをアンロックすると、任意のOSを起動することが出来たりする

手順

  • アンロックコードを取得
  • ↑のコードを使ってアンロックする

アンロックコードを取得

通常は公式サイトに、アンロックコードを取得する用のページやツールがあったりするけれど、
Huaweiはそれらのページにアクセス出来ないようになってしまったので、公式でコードを取得する手段がない
ただ非公式にアンロックコードを取得するDC-unlockerというツール 有料があるので、今回はそれを使います

1. 端末が対応してるか確認

  • Supported modelsで、自分の端末があるか確認
  • REVIEWを見て、Featureの中にread bootloader codeがあればアンロックコードを取得できる

2. Android端末の準備

  • HisuiteをPCにインストールしておく
  • 設定 > 端末情報を開き、ビルド番号を7回押してデベロッパーになる
  • 設定 > 開発者向けオプションを開いてOEMロック解除を有効化するUSBデバッグをオンにする
  • 電話アプリを起動し、*#*#2846579#*#*と入力、Background Settings > USB Port Settingsを開いてManifacture Modeを選択し、画面をそのままにしてPCを繋いで置く

3. ツールのインストール

  • DownloadからDC-unlocker clientをダウンロードしてzipを展開
    • 後で使うので、展開したフォルダをコマンドプロンプトで開いておく

4. クレジットの購入 (1クレジット=1ユーロ)

  • ここから必要なクレジット数を確認
    • 今回はUnlock Huawei GR5なので 必要なクレジット数は4
  • Buy creditsで必要な情報を入力してconfirm(下記は例)
    • Select payment method: PayPay (PayPalのロゴクリック)
    • Item: new user account
    • User name: kichinaga
    • e-mail: [email protected]
    • Credit: 4
  • 支払いが完了するとメールが届いてきて、その中に上で設定したアカウントのパスワードが記載されています

5. ツールを起動してコードを取得

  • ツールを起動、左上のSelect manifacturerからHuawei phonesを選択して虫眼鏡ボタンを押す
    • 成功すれば下のコンソールに端末情報が表示される、失敗したら2の設定がされているか再度確認
  • 右のメニューでServerを選択、4で設定したユーザー名と、メールに記載されてるパスワードを入力してログインする
    • ログインに成功すると、アカウントの持つクレジット数が表示される
  • 右のメニューでUnlockingを選択、Read bootloader codeをクリック
    • 成功すると下にアンロックコードが表示されるのでメモする
    • 他のボタンを押すとクレジットが無駄に消費されて、再度購入するハメになるので注意(1敗)

コードからアンロック

  • コマンドプロンプトでツールの入ったフォルダを開く
    • 3で開いてる場合はそれを使う
  • プロンプト上でadb devicesでデバイスが表示される事を確認
    • unauthorizedと出たら2を確認
    • USBデバッグを許可しますかみたいなダイアログが出てたら許可を押す 
    • それでも無理ならgoogle先生へ
  • デバイスを認識できたらadb reboot bootloaderで再起動
  • 白い画面になったらfastboot ome unlock 'アンロックコード'
  • デバイスが初期化され、端末が再起動したら成功

長くなったのでカスタムリカバリとかは次回に

参考

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@kichinagaの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう