BETA

Oracle APEXで検温結果を記録・共有するウェブアプリを作ってみた その4

投稿日:2020-05-19
最終更新:2020-05-19

Oracle APEXで検温結果を記録・共有するウェブアプリを作ってみた その3 の続きです。

今回は、Oracle APEXでユーザー一覧のページを作ります。

事前準備

Oracle APEXの開発環境を作ってみた
Oracle APEXで検温結果を記録・共有するウェブアプリを作ってみた その1
Oracle APEXで検温結果を記録・共有するウェブアプリを作ってみた その2
Oracle APEXで検温結果を記録・共有するウェブアプリを作ってみた その3

バージョン

Oracle Application Express 20.1.0

手順

Oracle APEXのページ一覧より、「2 - ユーザー一覧」をクリックします。

ページ・デザイナの左ペインより、「Content Body → レポート1」の列を展開し、ぶらさがっている各列の「ヘッダー → ヘッダー」プロパティを変えていきます。

  • USER_ID:ユーザーID
  • USER_NAME:ユーザー名
  • PASSWORD:パスワード

画面右上の、「ページの保存と実行」ボタンを押します(またはAlt + F8)。

列のヘッダーがプロパティの値に変更されました。

これでレポートページの開発は終わりです。

「検索機能とか実装してないじゃん」とか言われそうですが、Oracle APEXの対話モード・レポートを使うことで、検索や列の表示・非表示、ソート、フィルタ、チャート作成などの機能が実装不要になります。

レポートの上にある、「アクション」ボタンを押すと、対話モード・レポートが持っている機能を使い、レポートのカスタマイズができます。

カスタマイズしたレポートですが、「アクション → レポート → レポートの保存」をすることで保存・呼び出しができます。

※対話モード・レポートの詳しい使い方は、公式ページを参照ください。

ということで、これでユーザー一覧とメンテ機能ができました。

さすがローコード開発ツールというだけあって、ここまでほぼノンコードです。

今回はここまで。
次回は、検温した結果を入力するページを作ります。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

Oracle APEX というローコード開発ツールのネタが中心です

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう