BETA

AWS-SCS 資格取得体験記

投稿日:2019-09-29
最終更新:2019-09-29

AWS-SCS 合格体験記

本日AWS-SCS(AWS認定セキュリティ 専門知識)を取得した。
意外にも合格体験記が少ないようなので勉強法などを記録しておく。

概要

  • IAM,KMSはよく学習しておくこと。
  • 難易度はSAAとSAPの間ぐらい。

私のプロパティ

  • 普通のSIer若手
  • AWS歴 2ヶ月 (SAA,SAPは保持)
  • 業務でのAWS使用経験=EC2,Lambda,IAM,CloudTrail。
  • GCP, Azureなども経験なし。
  • ただしお勉強はすき(ネスぺセキュスペほかを保持)。

受験のきっかけ

セキュリティがすきなので(とはいえ万年勉強中ですが…)。

学習計画の決定

  1. 試験ブループリントの把握
    ここ
    より試験ガイドをチェック。まぁ概要すぎるので目を通す程度。問題の割合も書いてあるが、結局全て勉強するでしょう。

  2. いきなりサンプル問題を解く。
    8/10 正解。これより、SAPほど気合を入れなくとも試験合格はできそうと感じた。

  3. 学習サービスのリストアップ
    計画策定のため学習に重点を置くサービスを選定した。
    サンプル問題よりいったん次のサービスを選定した。
      ・IAM
      ・S3
      ・CloudWatch
      ・CloudTrail
      ・KMS
      ・Cognito

    なおセキュリティ原則系ホワイトペーパー,VPC,NACL,SecurityGroupはSAPをとるときに十分学習したのでもういいやと思って復習しなかった。

  4. 試験日設定
    試験は3週間後に設定(1サービス3日くらいかけて勉強する想定)。
    模擬試験は1週間後に設定(最重要と予想されるIAM,KMSまわりをいったん頭に入れた時点)。

学習

  1. 学習前半戦
    恒例のBlackbelt。適宜ぐぐる。

  2. 模擬試験
    次のサービスを追加調査することにした(軽く。ここらへんは深いの出ないでしょう)。
      ・Config
      ・CloudHSM
      ・TrustedAdvisor
      ・GuardDuty
      ・Inspector
      ・Macie

  3. 学習後半戦
    恒例のBlackbelt。適宜ぐぐる。
    試験後の感想だが、LinuxAcademyとかやってても良かったかもしれない。

本番受験

  • 170分、65問。問題には「フラグ」をつけて最後の一覧画面から戻れる。
    • フラグなし。明らかにわからん問題は諦めた(=もうその問題には戻ってこない)。
    • 65問まで回答した時点で80分残っていた。
      • 特に見直しもせず試験を終えた(やる気残ってたら見直しは絶対するべきです!)。
  • SAPと比較して、問題文も選択肢も短い問題がほとんどであり、気楽だった。
  • 日本語がおかしい問題は少なかった。あっても、英語を見ればよい。
    • 問題文も選択肢も比較的短いので、SAPよりは焦らなくて良かった。

他、ポエム

  • 前回の宣言通りSecurity Specialtyをとった。私はセキュリティに詳しいんだ
  • せっかく技術書典で手に入れた「AWSの薄い本 IAMのマニアックな話」をろくに読まずに受験してしまった。。。
  • ネスぺやらLPIC303やら取った時にも思ったけど、別に資格とってゴールじゃなくて
    いまからこの分野の学習を始めますよというやる気宣言にしかならないのが、
    奥の深さを感じさせる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

さびあさぎ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう