BETA

GNURadio + HackRF でFM受信

投稿日:2019-08-11
最終更新:2019-08-11

FM受信

HackRF + GNURadioによるFM受信の例。
(参考:HackRF https://greatscottgadgets.com/hackrf/)
(参考:GNURadio https://www.gnuradio.org/)

各種パラメータの設定

osmocom Source

SDRデバイスの設定(HackRF の場合)

  • sample Rate : SDRデバイスから出力されるサンプリングレート
  • RF Gain : RF段のゲイン(ANT-RFFC5071/2の間)
  • IF Gain : IF段のゲイン(RFFC5071/2-MAX2837の間)
  • BB Gain : ベースバンドのゲイン(MAX2837の後)

Low Pass Filter

ここからデジタル信号処理

  • Decimation : サンプリングレートを割り算する(20の場合は20分の1のサンプリングレートになる)
  • Sample Rate : 入力のサンプリングレート
  • Cutoff Freaq : カットオフ周波数
  • Transition Width : これが小さいと矩形に近づく(ロールオフ特性に似ている)

Rational Resampler

前の処理と次の処理のサンプリングレートを合わせる

  • Interpolation : サンプリングレートを乗ずる
  • Decimation : サンプリングレートを除ずる

WBFM Recive

FM復調器

  • Quadrature Rate : 入力のサンプリングレート
  • Audio Decimation : 入力を音声出力のサンプリングレートまで落とす(この例では480k/10=48kとなる)
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

yukihiroの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう