BETA

Google Colaboratoryでファイルをアップロードする方法が簡単になった!

投稿日:2018-11-12
最終更新:2018-11-12
※この記事は外部サイト(https://qiita.com/wakame1367/items/74a8575...)からのクロス投稿です

いままでGoogleColaboratoryで以下の2行のコードを使って ローカルに保存されているファイルをアップロードしていました

from google.colab import files
files.upload()

この2行、結構忘れることが多くちょっと不便だなぁと思っていましたがこれが解消されました!

こちらのツイートいわく、GoogleColaboratoryにファイルブラウザ追加されたとのことで 早速、GoogleColaboratoryのどこが変わったのかを見に行ってみました!

GoogleColaboratoryを開いて赤丸の部分を押すと

今までMarkdown用の目次表示とコードスニペット記述しかなかった項目に ファイルブラウザ用の項目が追加されています。また、デフォルトでサンプルデータが置かれるようになったみたいです。

今まで通り、アップロード用のコードを記述してファイルをアップロードしてみます。 lsコマンドで確認した結果とファイルブラウザの表示が一致していることがわかります。

次にアップロードボタンを試してみます。

いつもの2行コードと同じ振る舞いをすることがわかりました。あとはアップロードしたいファイルを選んでアップロードするだけです。

今後、ローカルのファイルをアップロードするだけの用途であれば上記手順でこなせるので、いつもの2行のコードは必要なくなるかもしれませんね。これはありがたいです。

さらに使いやすく進化してるGoogleColaboratory、皆様も使ってみてはいかがでしょうか。

参考

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@jNBYlY7Lp0gnnmucの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!