BETA

IPMIを使ってみる

投稿日:2019-09-11
最終更新:2019-09-11

サーバがハングしてSSHが繋がらなくなったから再起動するためにデータセンターへ連絡して物理的に電源のON/OFFを行ってもらう。

といったことはよくあるなか、先日、Intelligent Platform Management Interface(以降、IPMIと呼称)なるものを知ったため、DELLのサーバで試した。

IPMIはネットワーク経由でサーバをON/OFFしたりハードのステータスを取得できたり、仮想コンソールで操作することができたりする。サーバのマザーボードにIPMIのチップが載っていて、サーバが電源に接続されていれば電源ボタンで起動させずともIPMIにアクセスすることが可能になる。つまり、いちいちデータセンターに連絡して電源ON/OFFしてくださいと頼まなくて済む!!

ちなみに、今回テストで使ったDELL PowerEdge R230にはDELL製のIPMIカードが搭載されいるらしく、それがintegrated Dell Remote Access Controller(以降、iDRACと呼称)となる。(というかDELL製サーバにはだいたい載っている)

試した結果できたこと、やったこと

  • 電源のON/OFF
  • ウェブインターフェースへのアクセス
  • ウェブインターフェースのポート変更
  • ウェブインターフェースからファームウェアアップデート
  • IPによるアクセス制限

課題

  • 検証で使っていたPowerEdge R230はiDRAC専用のNICがオプションで選択されていない、そのためオンボードのNIC2をIPMIに専有させている。共有モードもあるので共有にさせるべきか。
  • SSH接続はデフォルトでONにされているが使用しないならOFFにするべきか。

Integrated Dell Remote Access Controller 8/7 Version 2.60.60.60 ユーザーズガイド

インフラ勉強会WikiにIPMIについての資料があった。勉強になります。
サーバ管理技術IPMI
実践IPMIのススメ

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@itanomaの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!