BETA

【AWS】オンプレ(物理マシン)からAWSに移行するには

投稿日:2019-09-11
最終更新:2019-09-11

はじめに

  • 本記事は、オンプレからAWSに移行する方法について検討した内容です。

オンプレ(物理マシン)の制約について

  • 以下AWSドキュメントにあるように、AWSに移行するには仮想OSイメージからという制約があると思っていました。
  • 物理マシンサーバーのOSイメージを、一度、仮想化したあと、仮想OSにインポート。その後、AWSに移行しなければならない。

P2V 変換の結果として作成された VM はサポートされません。P2V 変換は、物理マシンで Linux または Windows インストールプロセスを実行し、その Linux または Windows インストールのコピーを VM にインポートすることでディスクイメージを作成するときに行われます。
AWS ドキュメント Amazon EC2 ユーザーガイド VM Import/Export の要件

では、どうするか?

  • それで、まあ『サードパーティーの「CloudEndure」を使用しないといけないな』と思っていました。
  • が、AWSに買収されて、2019年1月からCloudEndure Migration が無料で利用可能になっていたんですね。

CloudEndure

  • 90日間有効の無料ライセンスとなっています。
  • 移行時にエージェントに「CloudEndure」を無料ライセンスでインストールしますが、有効期間は90日間ですが、移行が遅延した場合も、CloudEndureアカウントを再発行すれば延長して使用できますので、実質無料のようです。
  • 2019年現在、AWS、Azure、GCPといった主要クラウドに対応しているようですが、AWSに買収されたので、今後Azure、GCPなどのサポートがどうなるかは不明です。

余談(GCP、Azureの移行ツール)

  • GCPの移行ツールとしては、CloudEndureの他に、Googleが買収したVelostrataが有るようです。
  • Azureの移行ツールとしては、 Azure Migrateが有るようです。
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@iJX9721uP5IxFt9Zの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!