これは #インフラ勉強会 Advent Calendar 2018 9 日目の記事です。

昨日は 0Delta さんでした(記事はどこ…?)。


※「お前誰?」「何者?」という方はこのあたりをご覧ください(長いので途中を適当に飛ばしてください)。

わたしは今のところインフラ勉強会では一度も登壇していません。

  • 自宅を引っ越す前にはなにか喋れる環境になかった(音が…)
  • 会社から自分のマイクを持ち帰ったら壊れていた
  • 新しいマイクを買った頃にはリアル勉強会・カンファレンスへの参加で各地を飛び回り、時間がなくなった
  • 10 月末に体調を崩し、検査したら肝機能障害が発覚
  • まだまだ続くリアル勉強会・カンファレンスへの参加
  • そして引っ越しが終わらない

という、巡り合わせの問題なので、いつかは…(その前に引っ越し完了させろや)。

※その間、リアル勉強会での LT 登壇は 3 回あります。


ただ、「登壇しなくても色々な参加の仕方がある」のがインフラ勉強会のいいところで、

といった形でかかわりを続けております。


そして、インフラ勉強会への参加をきっかけに、リアル勉強会への参加スタイルにも変化が。

これまでは東京・大阪に新しい技術の話を聞きに行くことがほとんどだったのが、今年は地方の勉強会への参加が増えてきました。

新しい技術だけが学ぶ対象ではありません。地方で頑張っている人たちからも刺激を受けることができます。


インフラ勉強会への参加前、自分にとって勉強会は、

「年齢関係なく、自分よりスキルレベルが上の人から教わりに行く場所」

でしたが、インフラ勉強会参加後は、

「年齢もスキルレベルの上下も関係なく、色々な人から教わりに行く場所」

に変わりました。

なにも「自分より強い人たちからしか学べない」わけではありません。スキルレベルに関係なく、色々なところに色々な年齢の「師匠」がいます(「わかりにくい」「躓きやすい」ことが何かを身をもって教えてくれる人も貴重です)。

もちろん、自分からも伝えられることは伝えていきます(記事の数「だけ」は多い Qiita への投稿…)。


ということで、まとまりもオチもなにもありませんが、最後に

「インフラ勉強会はいいぞ」

という一言でシメたいと思います。


なお、元々書こうと思っていた AWS Aurora(MySQLer なのになぜか PostgreSQL 互換版の話)の記事は Qiita に書きました。


明日、10 日目は Chataro0 さんです。

関連記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません
11
@hmatsu47の技術ブログ
11
このエントリーをはてなブックマークに追加